FC2ブログ

全日本ランキング 女子 2021/04

去年の旧ポイントが60%に漸減
2021/04/06付
当月 前月 選手 世界当月 前月 当月P(前月P)
1 1 伊藤美誠 2 3 10498(11081)
2 2 石川佳純 10 9 6750(7770)
3 3 平野美宇12 11 6507(7487)
4 4 佐藤瞳 18 17 5352(6244)
5 5 加藤美優 23 23 4665(5443)
6 6 早田ひな 25 29 4522(4827)
7 7 橋本帆乃香36 36 3708(4326)
8 8 芝田沙季 37 37 3690(4305)
9 9 木原美悠 49 49 3463(3871)
10 10長﨑美柚 56 56 3006(3507)

11 11 森さくら 65 65 2697(3147)
12 12 安藤みなみ83 82 2198(2565)
13 13 小塩遥菜 89 88 2121(2475)
14 14 塩見真希 92 90 2079(2426)
15 15 大藤沙月 96 103 2055(2299)
スポンサーサイト



2021-04-06 17:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

勤続疲労

「日本卓球界で20代はベテランなのか?早咲き遅咲きはあるのか?
宮﨑本部長に聞いてみた」
Rallys 2021/03/18 記事

1
この項目は世界レベルでの選手活動を前提にしている
勤続疲労 1/12
去年2020年国内外の公式大会が凍結された状況下で
Tリーグ選手の故障が続出したことは不可解な現象だった
練習のやり過ぎといえば聞こえはよいが根はもっと深く
記事のような合理的な環境ではないだろう

2
スポーツ経験のない素人から見ると
卓球選手自身が故障を当然視している
卓球に限らず 各競技の一流選手は
ハードな練習のせいで故障と付き合っていくのが普通のようだが
卓球選手はその傾向が強く 選手も深刻に考えないようだ
卓球は接触型のスポーツではないし

3
他競技よりも移動範囲が狭いから
故障していてもやれてしまう競技なのだろう
しかし 世界レベルの厳しい練習に段階が上がったときに
耐えられなくなる
全盛期のはずの二十代の選手が
停滞しているか長期休養しているかの
選手生活を送っている例が多いと感じられる
特に男子は

4
その原因は現在の選手環境にあるのは確かだが
遠因はもっと以前にあるだろう
十代で今後の選手生活中悩まされるような慢性的な故障を
負ってしまう選手が少なくないのでは
自分は男子の試合は見ないので
男子への無責任な言及は控えているのだが、

5
たとえば
宇田幸矢と戸上隼輔
水谷隼や丹羽孝希を受け継ぐ次世代エースの位置に
年齢的にあるのは確かだが
この記事から2021年の全日本やWTT大会まで
両選手は精彩を欠いている
果たして納得のいく練習ができる状態なのかどうか

卓レポ 2020/09/10 記事

6
本来は最も肉体的な成長が見込める十代後半で
この両選手が選手生活の間つづきそうな故障を抱えているのは
個人的な調整失敗で片づけられないだろう
両選手とも怪我よりは長年の身体への継続的な負荷が原因で
むしろ これは卓球界の構造的な問題から発生しているのは明らかだ


7
福原愛に始まり みうみまで強化された年少スポ根物語は
現代では虐待といわれかねないレベル
当時は限られた元選手の親子の事象だったとしても
現在ではより一般化して
我が子よりも過熱している親も珍しくない
年少期のからだの酷使で
成長しきれないまま歳を重ねている少年少女もいるのでは

8
小学校前から過当競争を強いられてきた選手は
実年齢はやっと十代後半でも
肉体年齢は全盛期を過ぎていても不思議ではない
長年の酷使のためにすでに限界域の肉体で
さらに世界レベルの練習を積めばパンクするのも当然で
二十歳のからだが疲弊したベテラン選手の域だとしてもおかしくない

9
ある分野で成功するには1万時間の努力が必要といわれもするが
日本の卓球選手は中学時代にもう到達しているのではないか
「 十歳(とお)で神童、十五歳(じゅうご)で才子、二十歳(はたち)過ぎればただの人」
日本の卓球選手は選手寿命の先取りをしているだけなのかもしれない

10
この虐待にも通じかねない若年層の過当競争を
助長してきたのが宮﨑義仁強化本部長であるのは
本人が自画自賛しているのだから確かだろう
そして いまやU7へまで過当競争の制度化をしている
その過酷なシステムのなかで成長してきたのが松島輝空であり
彼以外のジュニア男子が現われない

11
張本智和は小学校時代の練習時間は短く
年少スポ根物語の実践者とはいい難いが
男子はその張本の次は松島輝空ひとりに頼るのが
将来の人材難の展望ではないか
宮﨑義仁強化本部長の強化システムが
選手の健全な成長を阻害していないか
検証が必要だろう

12
日本女子が男子よりは故障が少ないのは
運動量が男子よりも少なく
肉体を酷使する度合いが小さいことが根底にあるだろう
加えて 個人スポンサーがついて
酷使しなくて済む環境も整えやすい
また 独自路線のミキハウスの存在も大きい



2021-04-06 07:00 : 卓球・長文 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR