FC2ブログ

世界ランキング 4月 1位~5位

1 1 CHEN Meng 11850(13825)
WTTがまた後出しで
東京五輪シードはこのランク制度ではなく
2020年末のランクを適用と表明した
CHENのシード1位は揺るがないが
中東HUBでランク変動に一喜一憂した選手たちの
奮闘は何だったのだろう
XDの結果を見て変更したのは明らかで
ひどすぎる

2 2 伊藤美誠 10498(12081)
東京五輪は2020年末の旧ポイントが漸減しないランク制適用で
シード3位がほぼ確定
2位だったら準決勝SUN Yingshaで決まりだったが
五分五分の確率に
CHEN Mengとどちらが先でもたいして違わないが
LIU Shiwenなら勝てる確率が高いから準決勝で対戦したい

3 3 SUN Yingsha 9840(11480)
東京五輪のシングルスはシード2位でほぼ確定
順当ならば準決勝が伊藤美誠かCHENG I-Chingで
CHENGと対戦したいだろう
もっとも 
その前にシングルス代表に決定する必要がある
復活したLIU Shiwenと一騎打ちの様相だが

4 4 WANG Manyu 8733(10189)
5月にWTTの中国大会があれば
東京五輪代表もワンチャンスあったかもしれない
それにしても 中国はいつ代表を決定するのだろう
もう考慮する国内大会もないだろうに
民主主義国家ではないからプロセスがわからない

5 5 DING Ning 8070(9415)
LIU Shiwenもようやく回復してきて
DING Ningの東京五輪代表は万が一にもなくなったろう
今後は指導に重点を置いた選手生活か
海外リーグのプロ選手はハードルが高いか
指導者の主流から一旦外れてしまうと
錚々たる面子がいるから復帰できない惧れもある

スポンサーサイト



2021-04-30 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

今日の視点 4 政治家

2021/04/29 日刊スポーツ 記事
【コラム】東京五輪本当にできるのか
目に浮かぶ中止後の責任のなすり合い

女をトップに据えるとこれだから…
森喜朗前会長のつぶやきが聞こえるのは錯覚か
もっとも男同士だったら円滑に進行するのかといえば
コロナ3兄弟の体たらくを見ても
要するに政治家のレベル自体が低いということ

河野太郎・西村康稔・田村憲久
言葉の不自由な菅総理が任命しただけあって
コロナ3兄弟はとにかく言葉が軽い政治家揃いで
願望もごちゃ混ぜにした見通しを延々語るそばから
反故になってゆく繰り返し
昨日までに何がどこまで実現したかの事実だけを述べて
国民を安心させられる政治家はいないか
2021-04-30 07:00 : 今日の視点 : コメント : 0 :

今日は何の日 2021/04/29

おはようございます
今日 4月29日は
〇昭和の日
昭和天皇の誕生日の今日が長く祝日であったのが
崩御後にみどりの日とされたのは記憶していたが
いつの間にか それも10年以上も前に
昭和の日となっていたのは知らなかった
5月4日の穴埋めに回されたみどりの日はかわいそう
天皇誕生日(1949~)
みどりの日(1989~)
昭和の日(2007~)

今日が良い日でありますように


2021-04-29 07:00 : 今日は何の日 : コメント : 0 :

今日の視点 3 東京五輪の医療

2021/04/28 日刊スポーツ 記事
五輪観客「上限方針」28日発表見送りへ 「50%」など具体数字出せず 

安心・安全をスローガンにしても駆け引きしているだけ
医療への負担軽減のためにも
国内観戦も無観客と早急に決定するとき

2021/04/27 東スポ 記事
現役看護師が悲痛な叫び「命が救えなくなる!」
組織委の〝五輪優先〟に医療現場は猛反発

医療スタッフ整備が猛批判を浴びて開催の最大のネックになりかねない
無観客にして選手と関係者に集中する最小限の人員にすべき
決断が遅れるほど反感が増すだけで
もっと国民の理解を得る努力が必要



2021-04-28 07:00 : 今日の視点 : コメント : 0 :

WTT スティーブ・デイントン

この項目はレベルが低すぎて書くのもうんざりだが
1
WTT執行部のスティーブ・デイントンが素人同然であるのは
中東HUBで明確に証明された
公式サイトやその動画はフリーズが頻繁で
100インチディスプレイが必要な巨大ドロー表
そのトップはシード2位選手で上下逆の組み合わせなど
ありえないひどさだった
2
ITTFが旧仕様のフォーマットで対応して
WTTサイトの失敗が確定した
その運営も
全体のタイムテーブルは最後まで掲載されず
日曜日が予選のみ 最終日は決勝戦5試合も前日は22試合消化
コンテンダーとスターが同一会場で 一部重なる変則日程
計画性は微塵も感じられないものだった
3
この素人丸出しの中東HUBの惨状は
これまで自分が見聞きしたスポーツイベントで文句なしの最低
重要なことは これはコロナ禍とはまったく無関係であり
WTT首脳の圧倒的な力不足による
一般常識ではこれだけでも辞任に値するレベルだろう
4
WTTのツアーシステムの最大特徴であるグランドスマッシュは
ゴルフやテニスのグランドスラムのパクリでしかない
グランドスラムはオープン大会であり
すべての人に開かれた大会で世界一を決めるという理念がある
各大会は固有の歴史があり
コースやコートのサーフェスが異なり
独立した大会として世界チャンピオンが称えられる
5
ところが
グランドスマッシュは同一大会が1年に4回開催されるだけで
オープン大会でもなく 出場選手が限定される
準々決勝からは毎回ほぼ同じ顔ぶれの対戦で
3回は中国選手が優勝して
残りの1回を他国選手が優勝する確率か
6
その同質の対戦が3か月ごとに繰り返されるだけのグランドスマッシュは
大きなスポンサーを得られていない
それも当然で 単に大規模な大会を構想しただけで何の魅力もない
この程度の構想は企画段階で却下されるべきで
それが具体化されてしまうITTFは執行部がまったく機能していない
7
主要マーケットと考える中国から利益の大部分を得るつもりらしいが
以前から中国は超級リーグが閑古鳥でスポンサーがつかず
シーズンのたびに開催が危ぶまれてきた
中国頼みのビジネスモデルはもはや時代遅れ
まして 来年の北京冬季五輪まで他国人を入国させないだろう
8
グランドスマッシュは中国から見放され
裕福なクエートでも二の足を踏んだのが現実で
開催できないだろう
東京五輪後のWTTの日程はまったくの空白で
今年末にはランクもボロボロになっている
卓球界が致命傷を負う前に
スポーツマン精神で潔く敗北を認めて辞任すべき

2021-04-27 07:00 : 卓球・長文 : コメント : 0 :

伊藤美誠 コラム「今を楽しむ」 まとめ

<アスリート交差点2020>今を楽しむ 毎日新聞
東京五輪へ向けての代表選手の生の声
不定期に掲載される

15
負けたら強くなれる
2021/04/45
記事

14
コロナ禍の中国遠征
2021/01/19
「命懸け」だった38日間の中国遠征
記事

13
コロナ禍による8か月ぶりの大会への意気込み
2020/10/21
8カ月ぶりの実戦へ 20歳の決意
記事

12
東京五輪の延期について
2020/07/23
世界1位になるための1年間
記事

11
2020年
水谷隼とのXD代表
2020/02/22
隼とペア 自由にプレー
記事

10
今年の総括
2019/12/21
目標の「負けない選手」へ
記事

9
フィギュアスケートの本田真凜との親交
2019/07/29
真凜ちゃん、一緒に成長
記事

8
美誠王の中国女子観
丁寧の弱点はメンタルww
中国TOP陣の精神的支柱と思うが 3回勝つと見え方が違うようだ
孫穎莎は国家を背負ったときに 実力を発揮できるかどうか
2019/08/28
多彩な中国選手
記事

7
松崎太佑(たいすけ)コーチについて
2019/06/22
私の名コーチ
記事


6
世界卓球選手権前
2019/04/17
世界でも狙うは3冠
記事

5
全日本2連覇あと
伊藤美誠の「異質型」への思い入れは強いけれど
2019/02/20
「異質型」の強み生かし
記事

4
去年の世界卓球前
伊藤美誠が 対中国女子への考え方を語る
2018/04/20
好敵手どんどん倒す
記事

3
伊藤美誠は
フォアハンドを「ドライブ系」「スマッシュ系」「ミート系」に分けて
みまパンチはミート系と分類している
伊藤のなかでは みまパンチとスマッシュは別系統と意識されている
2018/06/24
中国相手、実力アップ実感
記事

2
「道はじぶんでつくる」
伊藤美誠の心境に相田みつをの詩が寄り添う
2018/10/22
自分の道、自分でひらく
記事

1
ダブルスに対する考え方を語る
世界ランク1位のみまひなペアこそ五輪が似合う
2018/12/24
4年前の優勝生きた
記事
2021-04-26 07:00 : 伊藤美誠 : コメント : 1 :

今日の視点 2 コメンテーター

2021/04/23 日刊ゲンダイ 記事
無為無策で場当たり的コロナ対策に芸能界から怒りの大合唱
1
コロナ対策への批判は
芸能人にとって最強の安全牌だし 文化人も気取れる
情報番組のコメンテーター枠が取れれば儲けものという計算もあるだろう
かくして 本業で食えない芸人やタレントが言いたい放題の昨今

2
麻木久仁子の言いたいことは理解できるが
短期滞日中の五輪選手に毎日PCR検査をするのは当然であっても
同じことを国民全員に行う膨大な費用と人員とその効果を考えれば
反論するのも馬鹿らしい荒唐無稽の感情論であるのは明白

3
麻木久仁子といえば
かつては情報番組のメインを張ったこともあり
知性派タレントとして確固たる地位を築いていた
しかし 山路徹という女たらしに引っかかって
よその夫を奪って公序良俗に反した罪への世間の制裁という形で
それまでの社会的地位のほぼすべてを失った

4
一方 二股をかけた山路は
有名女性ふたりを手玉に取った悪名が広まった効果で
情報番組のレギュラー枠まで確保した
不倫の男性は臆面もなくもてはやされ
女性側が一方的に非を負わされる構造は
いまでは明らかなジェンダー差別であって
その被害者である麻木には同情を禁じ得ない

5
もう十年以上も失地回復に奮闘している麻木だが
不倫した女性に対する世間の風当たりは旧態依然に見える
だからといって 合理性を欠く感情論はいただけない
文化人枠へ返り咲くには
それも単に営業をこなすひな壇タレントと一線を画すなら
もっと理知的でないと

6
ちなみに
玉川徹の煽りコメントは見ていないから措くとして
東京都から抗議され炎上もしたカンニング竹山は
求められる役割を演じているだけなのに
ガタガタいわれたとぼやいていたが
福島の汚染水問題では
政府広報のような菅政権擁護に回っている




2021-04-25 12:00 : 今日の視点 : コメント : 0 :

エヴァンゲリオン 完結 感想 その3(追記)

1
黒澤明の『七人の侍』の落ち武者に虐げられる農民たちは
落ち武者を殺して武具を奪う悪の側面も描くことで生きた人間になった
庵野監督の郷愁なのかユートピア願望なのかわからないが
第3村の善意のみの人々は人間の標本であって
クローンの綾波やアスカのほうが生きた人間に近い
2
そして 式波アスカがクローンだったことで
自分の構想した人類の根源的な三角関係は根底から覆された
『Air / まごころを、君に』の父性社会の世界から
引きこもりの元凶ともなりうる母性社会へと世界が逆転してしまった
庵野英明監督の結婚が反映した楽屋オチかはわからないが
3
問題は
善人だけが生き残ったような第3村が象徴する、
他者世界の自我のぶつかり合いもなく
皆が容易に理解し合える世界
しかし 現実はそうではないからこそ引きこもりが生まれる
その原点に戻ってしまったことだ
4
あと3年もすれば
母なるものから抜けでたはずが
実は取り込まれていた主人公たちの叫びが
庵野英明監督の耳にも聞こえるかもしれない
かくして エヴァサーガの無限ループがつづくことを
タイトルのリピート記号が暗示しているのでは
5
他者世界に背を向けて
第3村の銭湯につかるように
母性社会のぬくもりにひたる庵野英明監督に
やはり 最後にひと言残さざるを得ない

あんたバカぁ?





2021-04-24 07:00 : エヴァンゲリオン : コメント : 0 :

世界ランキング 女子 2021/04

2021/04/20付
当月 前月 選手 当月P(前月P)
1 1 CHEN Meng 11850(13825)
2 2 ITO Mima 10498(12081)
3 3 SUN Yingsha 9840(11480)
4 4 WANG Manyu 8733(10189)
5 5 DING Ning 8070(9415)
6 6 ZHU Yuling 7335(8558)
7 7 LIU Shiwen 7245(8453)
8 8 CHENG I-Ching7085( 8256)
9 10 FENG Tianwei 6772(7830)
10 9 ISHIKAWA Kasumi 6750(7860)
2021-04-24 07:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 4月 11位~15位

11 11 森さくら 65 65 2697(3147)
先週誕生日を迎えた森だが
長﨑美柚という超強力新人の入社で
Tリーグのシーズン4は
レッドエルフ内の生存競争が激しさを増すだろう
国内選考会重視になって
爆発力のある森には有利ともいえる
波に乗れれば大物食いもあるだろう

12 12 安藤みなみ 83 82 2198(2565)
Tリーグは来季から1チーム増で
ますます全体の選手数が不足するだろう
正確には 各チームとも保有選手数が
運営規模よりも多すぎる
8選手程度が適正のはずで改善していかないと
チームは健全な経営に向かわない
6月のアジア選手権の選考会が当面の目標か

13 13 小塩遥菜 89 88 2121(2475)
練習はやはりエリアカ主体で
母親がコーチで在籍しているマレッツでは
あまりやらないのだろうか
4月に妹の悠菜もエリアカに入校して姉妹が揃って
どういう成長曲線を描くだろう
母親が姉妹の専属コーチになるのが一番わかりやすいが

14 14 塩見真希 92 90 2079(2426)
百万石オープン大会に出場して
シングルス優勝
勝ち残ったのは四天王寺ばかりだったが
協会が国内選考重視を表明したから
ミキハウスも日本女子との対戦を増やす必要があるだろう
チーム全体なら日本リーグで 単独ならTリーグだが
ミキハウスが支援理念とどう折り合いをつけるか

15 15 大藤沙月 96 103 2055(2299)
全国高校選抜大会で四天王寺高が6連覇も
大藤本人の調子はいまひとつで
追い詰められた場面もあったようだ
WTTのユースシリーズも日程を埋めただけの
ローカル大会のようなもので 近隣国はともかく
海外遠征してまで出場するレベルではなさそうだ

2021-04-23 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR