FC2ブログ

世界ランク 2月 1位~5位

1位(1) CHEN Meng 17015(16565)
今月末失効はなし
1月末のドイツOPから中国選手団は母国へ帰れず カタールで合宿
カタールOP後も継続して 世界選手権で韓国入りするようだ
突然の長期滞在で用意をしていなかった選手たちは大変だろう
試合に影響がでるかどうか

2位(2) SUN Yingsha 15460(15460)
今月末失効はなし
不慮の長期海外合宿も
年下のSUNは1番気楽そうだが 神経も図太そうだし
しかし 五輪代表に選出されるかわからないまま
長く過ごすのも落ちつかないだろう
中国の選考はランクに依らないので
選手本人も判断できないから大変だ

3位(3) 伊藤美誠 14720(14720)
今月末失効はなし
五輪WSにLIU Shiwenが出場するのは確実だから
LIUよりも上位ランクにいれば第2シードがとれる
LIUと準決勝での対戦が伊藤には戦いやすいだろう
その意味で ハンガリーOP優勝(1800P)は大きかった
五輪までの大会数が減少する可能性も高い

4位(5) WANG Manyu 14425(14130)
今月末失効はなし
長期の海外滞在は 食の細いWANGが最も応えるかも
中国TOP陣で唯一からだがひ弱に見える
もともと痩身だったのがこの2年さらにやせた
神経質なタイプなのか
SUN Yingshaとのペアも性格が合わないような
微妙な雰囲気がある

5位(4) LIU Shiwen 14400(14445)
今月末失効はなし
ドイツOPでは右腕にサポーターをしていた
LIUも出場すればWSもXDも決勝までがノルマに近いから
限界ギリギリと思われる
長期の海外合宿もベテランにはこたえるだろうが
大会がつづくよりは負担が軽いだろうから 痛し痒しか
日本の現状では中国選手団を受け入れられないのでは
スポンサーサイト



2020-02-29 07:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

少数意見

1/6
自分はだいたい少数意見の側に立つものだけれど
たまに発言そのものを封じようとする人もいるし
マスコミはじめ みながスルーして
少数とすら形容できないほど希少だから
表明しておくこと自体に意義があると思う
Tリーグ素晴らしい エリアカ素晴らしいの
万歳一色で埋め尽くされた世界は息苦しい

2/6
ハンガリーOP SF 石川佳純 vs CHENG I-Chnig
石川は左肩を痛めたもようで
3G目 9-8で左肩をひねったが 下半身が先に崩れている
そのあとも上体で合わせただけの無理な打ち方を何回かしている
足が動いていないのは明らかで やはり疲労の蓄積だろう
地元開催のTリーグに出場してのポルトガルOPからの
強行軍が直接の原因としても
去年の出場過多が遠因にあるだろう

3/6
しかし こういう指摘に対してたぶん
世界ツアー(チャレンジを含む)の過密日程を挙げて
改善を求めたりの風潮になる
以前にもツイートしたが
Tリーグ参加のほうが選手によほど影響を与えているはずなのに
疲弊とTリーグとの関連はマスコミはじめ卓球ファンも一律にスルーするのは
何か不自然さを感じる

4/6
満身創痍という表現がぴったりの水谷隼も
本来は休養をとるべきをTリーグに出場していた
チーム側からは所属契約している以上は当然の優先順位で
プロ選手が金を稼ぐのはそれだけ厳しい義務が伴うことの証明だが
Tリーグが世界ツアー主戦選手の負担になっているという評価には
決して発展しない

5/6
現在故障離脱中の早田ひなに関しては
後日考察する予定だが
パリ五輪の代表になるためには
パリ五輪までTリーグ不参加が絶対条件と 自分は判断している
ほかの選手よりもはるかに故障がちの早田に
世界ツアーとTリーグの両立は無理
このことも誰も言及しない流れがすでにできている

6/6
少数意見を無いことにしていれば
それはそれで平和な心地よい世界だろうけれども
問題自体が消滅するわけではなく
たいていは無視できないほど大きくなってから直視する
いまは見ないから見えていないだけだ
本当にTリーグもエリアカも問題なくバラ色の未来なのか
2年後3年後が興味深い


2020-02-28 07:00 : 卓球・長文 : コメント : 0 :

平野美宇 17 ハリケーン平野は復活したか? その2

その2
①平野の環境

②ハリケーンの誕生

③2017年末での指摘

④中国側の対策

(その2)
⑤新たな弱点

⑥平野の対応

⑦2020年初頭の現在地

⑧思考形式の改革

⑤新たな弱点
前記④に加えて 2019年には新たな弱点が平野を苦しめた
平野美宇のフォア前への逆横下回転系サーブだ
平野がレシーブ下手という認識が筆者にはまるでなかったが
2019年の全日本選手権での平野の敗戦で 一変した
去年1年 その点でも平野を観測してきて
前記の弱点に加えることになった

2019年
全日本選手権 R32 木原美悠戦
世界ランクも実績も 木原は平野が負ける相手ではなかったので
平野が敗北すると会場がどよめいた
第1ゲームを平野が簡単にとったあと
気づいたことがあったので作戦を変えたらズバリ当たったという
主旨のコメントを木原がしているように
第2ゲーム以降 平野へのフォア前サーブが決まりつづけ
4ゲーム連取して逆転勝ちしてしまった

全日本では上位選手が慣れない相手に不覚をとることはままあるから
重大事とは筆者は感じなかったし
あのサーブへの対応を当然平野は早急にするだろうと思っていたが
現実は意外な方向へ動いた

世界選手権 QF DING Ning戦
DING Ningの平野へのフォア前サーブを 平野がチキータでレシーブ
第3ゲーム以降は 平野へのフォア前サーブを
チキータできない回転で出すかチキータを待っての反撃で封じる

ジャパンOP SF LIU Shiwen戦
第1ゲーム LIUがバックサイドから平野へのフォア前サーブも
このゲームを落とすと
第2ゲームからLIUは位置をセンターからに変えて
平野へのフォア前サーブ 平野は以後対応できず
平野の試合後コメントでは
はじめは練習してきたレシーブが決まったけれども
あとはサーブを変えられてうまく対応できなかったという主旨

伊藤美誠には 2019年の国際大会3敗 国内大会2敗
この中には 4連続サービスエースなど
平野へのフォア前サーブが効きまくっていた

記憶にある分をざっと挙げてもこれだけある
このほかも上位選手との対戦は
同じように攻められていると判断してよいほど
平野へのフォア前サーブ戦術は一般化している

⑥平野の対応
アジア選手権優勝後3年近くも停滞してきて
不可解なのはなぜ同じ失敗を繰りかえすのかということ
平野は同一選手に連敗をするケースが中国女子をはじめ多い
対戦相手は1度上記の平野攻略法が成功すると
あとは繰りかえすだけで勝てるわけだ

同じ選手が同じフォームで同じ位置へ打ちこんでくれば
ほぼ同じ打球が来るはずだが 平野はそれに対応できない
試合のなかでも試合の度にも同じ失敗をつづける
その原因を筆者は考えてきて よくわからないが
打球の予測能力が低いのだろうとは漠然と思っていた

2019年10月 T2 Diamond JEON Jihee戦で
平野がフォアミドルを攻められて
窮屈な身のこなしでうまく返球できないことがつづいたときに
解説の平野早矢香が「足の微調整ができていない」とコメントしていた
平野のフットワークの悪さは 前記のコーナーを突かれたときの対応でも言及した

本来は 返球を予測する段階でステップしながら
実際に飛んでくるボールを見て 球がバウンドしてくる位置と
自分のラケットのスイング軌道とを細かく予測して
小刻みなステップで距離を決めて あとは上体で合わせるのだろうが
予測が不得手な平野は足が早く止まってしまい 上体だけで合わせるから
窮屈なスイングになったりヒットしなかったりになってしまうのだろう

エリートアカデミー時代に 専属コーチとして
もともと安定志向だった平野のプレースタイルを超攻撃型に変えた中澤鋭が
2017年時点ですでに 幼い頃からの手打ちの癖を矯正してきたことを言及している
Nunber Web 2017/05/28 記事

アジア選手権後も 張成コーチから指導を受けてきたはずなのに
なかなか成長が見られない
その状況の原因を予測能力の低さに 筆者は求めたのだが
むしろ予測そのものをあまりしないのではないか
平野は返球するとすぐに 腰を沈めてフォアの
テイクバックをとることがままある 対戦相手がまだ打球する前にだ
相手がどこへどう返球するのかは 平野にはあまり重要ではない
自分の決めたことを優先してしまうからだ

⑦2020年初頭の現在地
上記で指摘した問題点について
個別にはコーチとともに改善を図り
コーナーへ振られたときのフットワークには相当の進歩があったのだが
ミドルへの下回転系の返球の処理や
2019年に新たに浮上したフォア前への逆横下回転系のサーブへの対応は
なかなか進まず またサーブの種類も増えたとはいい難い

もう3年近くも停滞したまま
下位選手にも敗北することも珍しくなくなってきた状況下で
個々の技術の対症療法では限界なのだろうということ
中澤鋭が 同じく2017年時点で 平野美宇には「臨機応変な対応」が必要としている 
Nunber Web 2017/11/05 記事

しかし ここで厄介なことは
大きな対策として サーブの種類を増やし また
フォア前への逆横下回転系サーブやミドルへの下回転系返球への対応に
チキータ・ストップ・ツッツキなどを
平野自身がその都度選択する「臨機応変な対応」を
一般選手に指導するように 平野に指導しても
解決しないと予想されることだ

「みうみまひなのサーブ考」でも考察したように
サーブの1回1回で 幾つかのサーブを選択してその返球にも備える
また フォア前サーブにも幾つかの選択肢からレシーブを決定する
相手の打球が0.3秒で到達するというレベルで 的確な判断を下す
失敗しても数秒単位で割り切り 次球に集中する
そういう、対人競技の選手ならば誰でも普通にこなすことに
平野は苦痛を覚える性格なのだろう
もちろん 世界トップレベルだからこその難しさがあるからだが

平野は基本的に決め打ちの選手と 筆者は認識していて
特にサーブのレシーブはその傾向が強い
一般の選手は7割方決めていても 打球を見て変えるはずのところ
平野はそのまま強行して打ち損じることが多い

前記の全日本での試合でも ミドルへの出澤の山なりの打球に対して
回りこんでのフォアやツッツキ・カット系など選択肢はあったはずだが
平野はバックハンドドライブをひたすら合わせつづけただけだ
もっと打球をよく見て臨機応変に判断することが求められるのだが
それを改善することは思考方法や性格を変えるのと同じほど
大仕事になるだろう

⑧思考形式の改革
別の観点から
スポーツ選手の面白さは勝利の達成感や満足感なのだろうけれども
特に対人競技の場合
対戦相手との読み合い・だまし合いに勝つことが競技中の楽しさだと
スポーツ経験のない筆者でも思うのだが
平野美宇はそういう楽しさがない選手だと感じる

相手が誰であろうが 同じサーブをして同じレシーブをして
自分のなかで決めたルーティンをやる
試合前に決めたから・練習してきたから・コーチに指示されたから。
目の前の対戦相手がどう攻めてくるのか
自分はそれをどう反撃するのか
考える楽しみがない冷めた雰囲気を試合中の平野に 個人的に感じる
考えないから予測能力も磨かれない

タラレバの話だが
平野の幼少期にスポーツの駆け引きの楽しさをコーチか母親が教えていれば
あるいは 2017年アジア選手権前に
中澤鋭がエリートアカデミーの人事異動で平野のコーチを外れなければ
状況もすこしは変わっていたろう
(停滞に陥ってから 中澤が一時コーチに復帰したが もう手遅れだった)

平野がときに卓球を辞めたいと考える根底には
卓球が楽しくない日常があるのだろう
プロ選手はその競技の駆け引きの楽しさに惹かれるから
負けても負けてもつづけられる
駆け引き自体が楽しめないと 勝ち負けの楽しさがあるだけで
プロ選手としては長つづきしないだろう

話を戻して
前書きで挙げた3つの項目での考察でも
平野は選択することが苦手であり
思考をほぼ放棄しているプレイスタイルであると判断している
エリートアカデミー入所以前の 手打ちの癖がついた頃に
平野美宇は 自分で考えるよりは
コーチ(か代わりの母親)の指示に従うほうが効率的であることに気づいて
選手人生の早い時期に スポーツの駆け引きの楽しさを知ることなく
自分の思考を停止してしまったと 筆者は勝手に推測している

アジア選手権優勝までの平野は
1失点ごとにコーチを振りかえる依存性の強さを
ファンにすら指摘されていた
アジア選手権優勝の3連戦でも ベンチコーチの馬場美香監督が
のべつ幕無しアドバイスしつづけている音声が動画で窺える

経験豊富なコーチの指示に従うのは適切だが
選手が自分の思考を停止してしまうことは致命的な事態だ
小学生から20歳になるまで自分の思考を停止してきて
これから再開するのは想像以上に困難だろう
2020年になってベンチコーチに馬場美香監督がついているが
2017年のアジア選手権で対戦相手が無警戒だったときのように
試合でのべつ指示して解消する問題ではない
(試合中の平野がまったく思考しないという意味ではなく
TOP選手に必要とされるよりははるかに少ないだろうという論旨)

結論的には 上記のような幾つかの大きな弱点を克服するには
根底にある思考形式や性格の改革が必要であり
それは優れた指導者のみ実現できるだろう
しかし 平野の周囲には
2017年のアジア選手権優勝時点で思考停止した応援団ばかりだ
このままならば
ハリケーン平野は復活どころか 温帯低気圧へと変わるだろう

2020-02-25 07:10 : 平野美宇 : コメント : 0 :

平野美宇 17 ハリケーン平野は復活したか? その1

その1
前置き
「ハリケーン平野は台風一過か」 2017/11/25 その1~4
「みうみまひなの現在地」 2017/12/29 その4~8
「みうみまひなのサーブ考」 2017/12/31 その3~5
で書いて以来 約2年ぶりに平野美宇を考察する

これだけ空白ができたのは
上記で言及したレベルで 平野が停滞してきたことを意味している
だから 上記での指摘が2020年1月現在でも有効と判断している
その部分も含めて ハリケーン誕生から現在までを
以下の手順で考察する

この項目中で 平野の幾つかの弱点を記述する
迂闊に書くと平野の停滞の元凶扱いされる惧れもあるので
五輪代表決定まで控えていた
筆者が具体的に書くのははじめてのものでも
その弱点は卓球界で 特に選手間では広く知れ渡っていて
いわば公然の秘密にすぎないものだ

①平野の環境

②ハリケーンの誕生

③2017年末での指摘

④中国側の対策

(その2)
⑤新たな弱点

⑥平野の対応

⑦2020年初頭の現在地

⑧思考形式の改革

①平野美宇の環境
主題の考察の前に もうひとつ
平野を取りまく雰囲気に関して常々感じていることがある
たとえば 2019年末での選手たちの現状報告の記事が掲載されると
コメントなどにかならず現われるのが
アジア選手権優勝などシングルスの実績が
ほかの選手たちとは格段に違うから 
ハリケーンが復活すれば平野が1番というような論旨

確かに シングルスの生涯キャリアは平野が現役女子中群を抜いているのは事実だが
2017年当時の実績で2019年末の実力を測るのは 何の合理性もないのだ
しかし 筆者の印象では
コメントなどを寄せる平野のファンに限ってはそういう考え方の人が多い
ファンはどう考えようが自由なので構わないとして
筆者が危惧するのは 平野の周りの関係者たちもほぼ全員が 結局は
ハリケーンが復活する前提で平野を見ているのではということ

折しも 2020年1月の五輪代表選手の発表で
平野の選考理由に2017年のアジア選手権優勝・世界選手権3位が挙げられた
やはり 周囲の関係者は2017年基準でしか見ていない
その筆頭が宮﨑義仁強化本部長だ
ある意味 平野美宇は宮﨑本部長の最大の被害者だと 筆者は認識している
たとえば 「声無き声を聴く」 その2

要約すれば
平野のアジア選手権優勝以来
平野はLIU Shiwenを越えた 世界一速いなどと絶賛しつづけているために
平野本人が自分の実際の力量を客観的に判断できない側面があって
その後の停滞脱出の妨げになっているということ

たとえば
2020年1月の宮﨑本部長の最新の平野評では
卓球レポート 2020/01/10 記事
対中国TOP6に24連敗中であることや
2018年よりも2019年のほうが成績が落ちたことは
まるで無視して 弱点を克服したかのような
相変わらずの都合のよい評価に終わっている
2020年1月の全日本選手権 vs出澤杏佳で
出澤に平野のミドルへ変化球を延々返されて負けたのを見れば
この評がいかにいい加減かがわかる

また ツツッキというひとつの技術への対処しか見えていない
その背後にある平野の思考形式などはまったくの考察外
たぶんコーチも単なる個々の技術への対応しか指導していない
こういう環境だから 3年経っても停滞から抜けられない

この応援団的な平野を取りまく環境が
2017年アジア選手権優勝で時間停止しているのに対して
ほかの選手たちはそれ以後の平野を研究して対戦している
もっと冷静に分析できる人物が周囲に存在していれば
3年近くも停滞をしなくて済んだかもしれない

②ハリケーンの誕生
2016年10月ワールドカップ優勝 中国対戦なし
2017年1月 全日本選手権優勝 当然中国対戦なし
2017年4月 アジア選手権優勝 中国TOP3を破る
2017年5月 世界選手権3位 中国 DING Ningに敗北

平野美宇のアジア選手権優勝は本当にセンセーショナルな出来事だった
中国TOP3に完全に打ち勝ったのだから
台に張りついてほぼ中央に立ち 両ハンドで素早く打球する
DING Ning・CHEN Meng・ZHU Yulingが放つドライブ球を
平野はフォアもバックも早い打点で打ち返し
あまりの早さに 3選手とも追いつけない
その威力たるやまさにハリケーンだった

しかし 実は 過ぎ去るのもまさにハリケーンだった
2017年4月アジア選手権優勝後 中国TOP陣との対戦は
2019年末までTOP6に0勝24敗 まったく相手になっていない
優勝の半年後の2017年末には すでに停滞が顕著であって
筆者は上記の3つの項目を考察したのだった
中国TOP6 2020/02 世界ランク
CHEN Meng SUN Yingsha WANG Manyu LIU Shiwen DING Ning ZHU Yuling

③2017年末での主な指摘
〇個人チームの必要性
2018年にエリートアカデミーを1年早く卒業したときに
所属は日本生命だったけれども 実質は個人チームに様変わりした
講演会で忙しいらしい母親の代わりに 父親が東京に転職して
寮からでた平野と同居して マネージャー役に近く
コーチも練習パートナーも専属のチームみうで活動を始めた

2019年10月頃に練習パートナーの郭 帥は辞めたようだが
所属の日本生命で通常の練習をするよりは
はるかに良い環境であるのは間違いないが
いまひとつ機能していないようではある

Sportsnavi 2020/01/20 記事

〇サーブの種類を増やす
2017年のアジア選手権で
平野のロングサーブ戦術が中国3TOPに効きまくって以来
中国選手をはじめ 女子全体で1打で簡単に得点できるロングサーブを
多用する流れに変わったというのが 筆者の女子総体の印象
2017年末には 平野のロングサーブも
上位選手は織り込み済みになっていた
平野自身は 横巻き込み(伊藤美誠の垂直巻き込みに対して 筆者が勝手に名づけた)の
ほぼ1種類の状況がつづいている

回転の種類は当然幾つかあるけれども
基本的なスタイルはひとつというのが 筆者の認識
たまに 投げ上げなどフォームの異なるものも出すが よく使うサーブとはいい難い
なぜ頑なに増やさないかは「みうみまひなのサーブ考」でも推論したが
あとで触れるだろう

〇前陣速攻とラリー主体とのハイブリットな融合
中国側の対策が平野を封じこんだことが2017年末には明白で
その対応として「超高速卓球」と下げられたときのラリーとの融合を提示した

しかし 2019年「ニュー平野」宣言以降は「超高速卓球」を捨てて
立ち位置をやや下げてオーソドックスなドライブ型に近づき
筆者には むしろ覚醒前に戻ってしまったように見える

以上3点が筆者の指摘だった

④中国側の対策
大きくは2つだが 前提として
アジア選手権優勝は対戦相手の中国選手の協力が必要だった
といっても 八百長の類いではない
動画を見ればわかるが
平野は台に張りついてほぼ中央に立ち 両ハンドで素早く打球する
中国3選手ともラリーで日本女子に負けると露ほども思っていないから
ムキになって強打している

ほぼ普通の上回転のドライブ球で なおかつ
仁王立ちする平野のラケットが届く範囲に打ちこんでいる
平野はフォアもバックも早い打点で打ち返して
あまりの早さに3選手とも間に合わない
この状況を踏まえての中国側の対策だった

平野のミドル(orバック)に ツツッキなどの下回転系の球を打つ
それもエンドラインギリギリで着地させて 高いバウンドにする
台に張りついた平野は間合いを適切にとれずに打ちミスをする
これは3年近く経ったいまでも 効力を発揮しつづけていて
いまでは 中国のみならず各国の上位選手はもちろん
下位選手にも平野対策の定番戦術となっている
前記の2020年全日本の出澤杏佳もこの戦術を踏襲した

2つ目は 左サイドのバック対バックのラリーから
平野のフォアコーナーへ球を振る
フットワークの悪い平野はセンターラインまでしか動けず
手を伸ばして届く範囲でしか返せないことが長くつづいた
2019年には 台に張りついていた立ち位置を
やや後方にして打球点を遅くしたために
コーナーへの打球を追う余裕ができて
一般選手程度にはカバーできるようになったと判断している

この2つの弱点を突く戦術を
中国女子以外の選手たちも取りいれて
徐々に平野に勝利できる選手が増えてきた

ただし ミドルへのエンドラインギリギリの返球にしても
対戦相手に高い技術がないと 手前でバウンドしてしまって
平野のバックハンドが火を噴くことになる
2019年12月最終選考会の早田ひなは
平野のミドルへ緩い球のレシーブを繰りかえすも
チキータなど痛打されつづけた

つづきはその2
2020-02-25 07:00 : 平野美宇 : コメント : 0 :

伊藤美誠 77 ハンガリーOP まとめ

XD
水谷隼/伊藤美誠
優勝もシード2位も狙えたのが4位に逆戻り
のがした魚は大きかった
水谷は今後世界ツアーはXDだけ出場して
MSは不出場でよいのでは
それでも棄権するなら 五輪代表辞退が選択肢に
東京五輪はXDに出場して
団体は無理ならリザーブと交代
仮病ではないから問題ないのでは

WS
NI Xia Lian・PESOTSKA Margaryta・HAN Ying・
CHENG I-Chingと
対戦できたのは五輪前哨戦としても最高の結果
4選手とも半年後でもほぼ同じ戦術だろうから
五輪で落ち着いて対応できる
あとは FENG Tianwei・SOLJA Petrissa・DOO Hoi Kemとも
対戦しておきたい
2020-02-24 07:00 : 伊藤美誠 : コメント : 0 :

ハンガリーOP 今日のみま

WS
SF
20:00
T1 伊藤美誠 vs HAN Ying
佐藤瞳・橋本帆乃香はじめ
世界中の全チョッパーが応援するHANを
天敵美誠王が返り討ちにする

20:45
T1 石川佳純 vs CHENG I-Ching

F
24:20
T1 伊藤美誠 vs 石川佳純
2020-02-23 07:00 : 卓球 : コメント : 0 :

ハンガリーOP 今日のみまハウス

WS
QF
18:00
T1 CHENG I-Ching vs DOO Hoi Kem

18:45
T1 平野美宇 vs HAN Ying

19:30
T1 伊藤美誠 vs 佐藤瞳
ミキハウス最後の刺客に 美誠王が立ちはだかる

20:15
T1 石川佳純 vs MITTELHAM Nina

WD
F
28:00
T1 平野美宇/石川佳純 vs DOO Hoi kem/LEE Ho Ching
2020-02-22 07:00 : 卓球 : コメント : 0 :

全日本 2月 11位~15位

11位(11) 森さくら 71 72 4015(4015)
今月末失効はなし
世界ツアー優先だった実業団時代と現在と
選手としてはどちらが幸せだろう
Tリーグは今季こそ多く出場できたが
来季はまた穴埋め要員に近い位置に戻るだろうし
海外遠征は激減してランクはガタ落ちして
中途半端な選手生活になってしまった
その分私生活が充実しているか

12位(12) 安藤みなみ72 73 3990(3990)
今月末失効はなし
去年十六銀行所属時に世界ツアーにも挑戦予定と
あったはずだが 1年を経て
年間数試合チャレンジも含めて出場した程度で
安藤も残念だったろう
実業団の各チームが 1名は特待選手として
世界ツアー主戦選手を抱えれば
Tリーグに所属する必要はなくなるのだが

13位(14) 塩見真希 89 97 3465(3355)
今月末失効はなし
スペインOP ・ポルトガルOP連続U21優勝も
シニアはYANG Xiaoxinに敗北
同じ異質型ながら
YANGはカウンターが強く 待たれたか
急にからだがガッチリした印象で
肉体改造に挑んだのだろうか
これで打球が強くなればよいが

14位(13) 大藤沙月 95 94 3380(3380)
今月末失効はなし
現在長期遠征の途中
スペインOPはQFで橋本帆乃香に敗北
ポルトガルOPは足切り
ハンガリーOPは予選でYANG Xiaoxinに惜敗
YANGは去年から日本女子との対戦が多く
ひとつの指標になっている
シニアではこのレベルには勝たないと
本選は遠い

15位(15) 小塩遥菜 102 103 3250(3250)
今月末失効はなし
海外遠征にTリーグにと忙しく 評価も高いが
エリートアカデミーには「シニアではパッとしない選手」で
終わる伝統がある
母親がコーチをしている十六銀行から海外遠征できるなら
十六銀行所属に鞍替えしたほうが
腰を落ちつけて練習できそうだが


2020-02-21 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

ハンガリーOP 今日のみまハウス

ミキハウスは総力を挙げて同士討ち対策をしないと
いつまでも日本TOP陣には昇格できない

WS
R16
20:10
T1 伊藤美誠 vs PESOTSKA Margaryta 五輪想定戦
T2 佐藤瞳 vs 加藤美優
T3 橋本帆乃香 vs HAN Ying
21:00
T1 平野美宇 vs BATRA Manika
21:50
T1 石川佳純 vs DIAZ Adriana


2020-02-21 07:10 : 卓球 : コメント : 0 :

ハンガリーOP 予想 WS

WS
R16
20:10
T1 伊藤美誠 vs PESOTSKA Margaryta
T2 佐藤瞳 vs 加藤美優
T3 橋本帆乃香 vs HAN Ying
21:00
T1 平野美宇 vs BATRA Manika
21:50
T1 石川佳純 vs DIAZ Adriana

以下予想
22日
QF
18:00
T1 伊藤美誠 vs 佐藤瞳
18:45
T1 橋本帆乃香 vs 平野美宇
19:30
T1 CHENG I-Ching vs DOO Hoi Kem
20:15
T1 石川佳純 vs EERLAND Britt

23日
SF
20:00
T1 伊藤美誠 vs 橋本帆乃香
20:45
T1 石川佳純 vs CHENG I-Ching

F
24:20
T1 伊藤美誠 vs 石川佳純
2020-02-21 07:00 : 卓球 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR