FC2ブログ

Tリーグ 女子 第5節 まとめ

1位 日本生命レッドエルフ 29P 8勝4敗
今節 7P 2勝0敗
早田ひなが復帰して2連勝で
ガッチリ首位を固めた
チェン ズーユ/チョン ジヒの国際ペアも
みゆうずをやぶるなど好調
チェンもチョンもTリーグでの昨季の不調が嘘のよう
自国の五輪選考があってのことだろうが

2位 木下アビエル神奈川 23P 7勝5敗
今節 3P 1勝1敗
石川佳純が復帰して1勝1敗
木原美悠・長﨑美柚のみゆうずも同様で
レッドエルフに完封負けを喫した
それにしても
ドゥ ホイカンの今年後半の不調ぶりは不可解
ZHU Yulingと似た症状で フォアの攻撃に精彩がない

3位 トップおとめピンポンズ名古屋 18P 5勝7敗
今節 3P 1勝1敗
連敗のマレッツと入れ替わって 最下位から3位へ浮上
28日の大会は サマラとヤン ハウンが
勝利へ手をかけたところからの逆転負けで
悔いの残る今年の最終戦となった
ハン インが好調の代わりにサマラが不調だった

4位 日本ペイントマレッツ 17P 4勝8敗
今節 2P 0勝2敗
今節2大会ともVMまで粘るも2連敗で
前節から4連敗となり 最下位へ転落した
新加入の出雲美空が頑張るも ダブルスの敗北が響き
シングルスでの挽回は厳しかった
スターシニーは好調を維持も リ ホチンが不調だった

スポンサーサイト



2019-12-31 07:00 : Tリーグ(短文) : コメント : 0 :

早田ひな 32 2019年まとめ 追記

1/12
TOP12 伊藤美誠 vs 平野美宇
第1球目のサーブで平野のチキータを確認したあと
伊藤のフォア前サーブは平野のチキータを封じた
平野は仕方なくフリックやストップで返しても
伊藤に対応され
そのうち回転も読めなくなって
レシーブを失敗するいつもの負けパターン

2/12
平野美宇には ある種類のフォア前サーブの
レシーブに大きな弱点があって
上位選手はそこを突いていく
早田と同じ左利きなら
DING Ningも平野へフォア前戦術を使っている
早田は理解していて活用できなかったのか
そもそも平野の弱点を知らないのか
15歳の木原美悠でも使うのだが

3/12
最終選考会 早田ひな vs 平野美宇
早田のサーブは平野にチキータを打たれつづけた
左利きの巻き込みサーブは
右利き選手には食いこむからチキータを合わせやすいのと
フォア前に出した左利きの順横(右利きの逆横)サーブも
平野に待たれて簡単にチキータされた

4/12
まず 通常の練習で
右利き選手にチキータされないフォア前サーブを習得しているのか
また 対平野用のフォア前サーブを準備できていたのか
それだけの用意をして
試合に臨んだようには見えなかった
長時間練習しても 実戦を想定せず
ただ打つだけのサーブ練習では向上しない

5/12
逆に 早田は 平野美宇からのフォア前サーブを
平野のミドルへほぼストップで返すだけで
3球目攻撃など 徹底して攻められた
本来は 早田が平野へ攻めるべきフォア前戦術を
逆にやられては勝てるわけがない
練習段階で 同様のフォア前サーブへの対応を
研究しているのかどうか

6/12
伊藤美誠のサーブやレシーブを単独で真似るのではなくて
相手の返球を限定して
次球からの優位へつなげる戦術を学ぶべき
そのためには サーブやレシーブを想定の場所に
ピンポイントで落とせる精度が必要になる
高い精度があって
はじめて戦術が組み立てられる

7/12
まずは
相手へのフォア前サーブからの攻撃パターンと
フォア前レシーブからの反撃パターンの習得は必須
とはいえ
そんな基礎練習は卓球を始めてから延々つづけているだろう
しかし それがTOPレベルでの実戦で役に立たないなら
使える精度にまで高める、試合レベルの実戦練習が必要

8/12
ストップが浮くならカット系にするなりして
得意の連携パターンを持つこと
個々の練習の目的を試合に直結させないと。
試合を見る限り
連携パターンの練習成果は乏しい
実戦を想定した練習・対戦相手を想定した練習よりは
決まった手順を繰りかえす反復練習が多いのでは

9/12
たとえば 早田が練習相手のフォア前にサーブして
甘くともフリックもチキータもせず
段取りのレシーブを段取りの場所へ返して
待ち構えた早田がコーナーへパワードライブする
そんな約束事の練習を長い年月やっても
打つ体勢を固める基礎的効果はあるとして
実際の試合では 相手が自由に反撃できて
役に立たない

10/12
早田のインタビューを見ると
早田自身もそのあたりを認識はしている
チャレンジやプラスのレベルならば
練習通りに連携パターンを使えるが
世界ツアーの上位選手との試合では
練習している展開よりも 相手が上で
思い通りに実力を発揮できないということだろう

11/12
サーブやレシーブが単に効くかだけではなく
どうやって相手の返球を限定させて
自分の攻撃につなげるか

また 個々の上位選手への対策が
不十分であることも否めない
もっと上位選手をあらかじめ研究して
想定練習をしておく必要もある
よく考えて頭を使う卓球が2020年の課題だろう

12/12
Tリーグの試合でも
パワードライブへつなげる連携パターンや
フォア前レシーブからの反撃などを
しっかり試すならば有意義だが
目先の勝利のために
緊張の緩い試合で漫然と戦っていても
得るところは少ないだろう
世界ツアーに向けた実戦練習と位置づけないと


2019-12-30 07:10 : 早田ひな : コメント : 0 :

Tリーグ 女子 2019/12/30

予想オーダー
12:00
木下アビエル神奈川 vs 日本生命レッドエルフ
1 木原美悠/長﨑美柚 vs チョン ジヒ/チェン ズーユ
2 石川佳純 vs 前田美優
3 ドゥ ホイカン vs 早田ひな
4 浜本由惟 vs チョン ジヒ

リザーブ
森薗美月 石垣優香 森さくら
2019-12-30 07:00 : Tリーグ(試合) : コメント : 0 :

Tリーグ 女子 2019/12/29

予想オーダー
12:00
木下アビエル神奈川 vs 日本ペイントマレッツ
1 木原美悠/長﨑美柚 vs 出雲美空/スターシニー
2 石川佳純 vs リ ホチン
3 ドゥ ホイカン vs 加藤美優
4 浜本由惟 vs スターシニー

リザーブ
石川梨良 松平志穂 打浪優
2019-12-29 07:00 : Tリーグ(試合) : コメント : 0 :

Tリーグ 女子 2019/12/28

予想オーダー
13:00
トップおとめピンポンズ名古屋 vs 日本生命レッドエルフ
1 梅村優香/森田彩音 vs 前田美優/チェン ズーユ
2 ハン イン vs チョン ジヒ
3 出澤杏佳 vs 早田ひな
4 ヤン ハウン vs チェン ズーユ

リザーブ
サマラ 石垣優香 森さくら
2019-12-28 07:00 : 卓球 : コメント : 0 :

全日本 12月 16位~20位

16位(16) 松平志穂 145 108 2550(3225)
今月末失効はなし 空き枠2つ
Tリーグは日本ペイントマレッツで
ようやく出番が回ってきて
今季初出場 1勝1敗だった
来年の残り大会は世界ツアーと重なっていて
出場機会も多いだろう
全日本選手権は同じマレッツの
加藤美優のブロックに入った

17位(17) 相馬夢乃 164 110 2255(3201)
今月末失効はなし 空き枠1つ
Tリーグは日本ペイントマレッツに所属
9月に3試合出場したものの
その後エントリーもしていない
穴埋め要員なのか よくわからない
来年高3で 進路はそのままTリーグかどうか
全日本選手権は早田ひなのブロックで
ひと暴れしたいところ

18位(18) 成本綾海 207 206 1735(1735)
今月末失効はなし 空き枠3つ
異質型でトマホークを繰る典型的日本女子スタイルで
最終選考会は
1次選考会では負けた長﨑美柚を破ったものの
平野美宇にはリードしても競り負ける展開だった
世界大会などに出場している平野との
大舞台での経験値の差が出たか

19位(19) 中森帆南 238 234 1375(1375)
今月末失効はなし 空き枠3つ
来年は高2ということで
ジュニアナショナルチーム内の序列を上げたいが
まずは全日本選手権のジュニアシングルスで
好成績を収めることが目標か
中森の入ったブロックには
ビッグネームが見当たらないようだ
シニアは出場なしのもよう

20位(20) 徳永美子 275 269 1120(1120)
今月末失効はフィンランドOP(240P)
空き枠4つ
所属の十六銀行がファイナル4優勝
徳永も第5試合を勝利して チームを優勝に導いた
日本リーグも十六銀行が総合優勝を果たした
全日本選手権は平侑里香のブロックで
どこまで勝ち進めるか

2019-12-27 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

早田ひな 31 2019年まとめ

1/16
今年は長い長い1年で 5年分くらいの経験を得たろう
肉体的にも精神的にもギリギリのところを
早田もよく頑張って ずいぶん成長した
潜在的な力は日本女子№2と 自分は評価するけれども
それがポイントと世界ランクにはまだ反映していない

2/16
原因のひとつは 2018年・2019年と
中国選手を執拗に当てられたドローの不運が大きい
これでランクを大きく落としてしまった
2019年後半になって 馬場美香監督がベンチに入るようになって
ようやく中国選手にも勝利できるようになったものの
世界ツアーで勝ち進む段階には至らなかった

3/16
もうひとつ より大きな原因は
早田自身が重要な試合をたびたび落としたこと
重要な試合では対戦相手が中国選手ではなく
勝てるはずの選手にも敗北してしまうことが多かった
自分の力が出し切れないことがつづき
それは2020年に持ち越した課題といえる

4/16
また 2019年のランクUP戦略は2020年には通用しない
2019年では 世界ツアーのレギュラー・プラチナでは
ポイントを獲得できない代わりに
新設のプラスやチャレンジの優勝ポイントを
荒稼ぎして埋め合わせした
お蔭で ランクは上昇して NT選手にも復帰できた

5/16
しかし
その方法では上限8000Pほどで もう上限に近い
加えて 早田の活躍に触発された日本や海外の有力選手
さらに 中国女子も参戦してきたので
来季のプラスは優勝・準優勝Pを稼ぐのも大変だろう
優勝Pの失効が次々とあるから
下手をすると またランクが下降しかねない

6/16
2020年からは 世界ツアーで勝ち進み
高ポイントを獲得する正攻法が求められる
それが来季の最も大きい課題とはいえ
特別の方法があるわけではない
2019年のチャレンジとプラスで無双した実力を
世界ツアーで発揮すればよいだけのことだが
2019年の早田は 世界ツアーや重要な試合では
気負って力んでしまい 実力を出し切れなかった

7/16
対戦選手がチャレンジよりは実力者で
とりわけ本選では格上がほとんどだから
チャレンジ以上の気迫で向かうのは理解できるが
裏目に出たほうが多い
いまの早田は実力で対抗できるのだから
冷静な試合運びをすれば
結果は十分ついてくるはずだが

8/16
早田の試合を見て
試合巧者だと感じる人はいないだろう
2・3点ポンポンととられて やっと追いつくと
またポンポンととられての繰り返し
それはゲームごとも同じで タイに戻して
さあ これからというときに
2・3点ポンポンととられて 振り出しに戻る

9/16
重要な試合では
自慢のパワードライブがオーバーしてしまい
出せず仕舞いで 攻め手に欠けることが多い
ショートサーブやレシーブのストップは伸びてしまう
ひとつひとつの技術が大雑把で
調子のよいときは圧倒てきるが
緊張する場面ではミスが出てしまう

10/16
早田は 伊藤美誠を参考にしているが
単発の技だけではなくて
そこからの相手の返球を想定した攻撃パターンを
伊藤は猛練習で 無意識でもからだが勝手に動くような
精度の高い得点パターンにまで磨いている
そういう連携パターンこそ学習するべき

11/16
選考会のインタビューを見ると
早田もパターン練習をしてきてはいるものの
上位選手との対戦では
相手に先手を取られた返球が戻ってしまうなど
自分の形をつくれていないのが実情だろう
細かな技術を詰めないまま
大雑把な反復練習を長時間しているのでは

12/16
卓球レポート「強化のフロントライン」で
宮﨑義仁強化本部長がロングサービスは「捨てサービス」としているが
それはひと昔前の話で 平野美宇のアジア選手権優勝以来
得点のしやすいLサーブが「軸になるサービス」の女子が多い
早田もLサーブの依存度が高く
相手のフォア前のサーブは効かない「捨てサービス」化していることが多い

13/16
相手ミドルへのロングサーブ1本で得点できても
早田のフォア前サーブからの戦術はよくわからない
単に出せるサーブを出しているだけで
そこから 相手のレシーブをどう待って どう攻めるのか
想定している形が見えない
最終選考会でも 平野美宇にチキータされまくった

14/16
伊藤美誠のフォア前サーブはチキータを封じているので
3球目以降の先手をとれる
チキータされない理由を 早田は考える必要
早田も サーブやレシーブをピンポイントで落とせて
相手の返球を限定させるほどのコントロールがつけば
不調時や緊張したときに
我が身を救える戦術にできるのだが

15/16
早田が自分有利の試合運びをして実力を発揮するには
世界ツアーのベンチコーチを馬場美香監督に
固定することが大前提
現状では これが可能なかぎりの最善策だ
馬場監督のときの好成績は
対戦選手の分析が早く 対応が適切なのだろうが
ただ指示を聞くだけでなく
早田に適した得点パターンをしっかり教えてもらうことだ

16/16
早田らしい攻撃パターンを幾つか使えるようになれば
試合運びにも余裕が生まれるし
緊張するなかで精度の高い攻撃が可能になり
いまの実力で十分に戦える
世界ツアー本選で中国選手を倒して勝ち進めるようになるまで
馬場監督に戦術を教えてもらって
早く自分のものにすることだ



2019-12-27 07:10 : 早田ひな : コメント : 0 :

Tリーグ 女子 2019/12/27

予想オーダー
19:00
トップおとめピンポンズ名古屋 vs 日本ペイントマレッツ
1 梅村優香/森田彩音 vs 出雲美空/リ ホチン
2 ハン イン vs スターシニー
3 サマラ vs 加藤美優
4 ヤン ハウン vs リ ホチン

リザーブ
鈴木李茄 松平志穂・打浪優
2019-12-27 07:00 : Tリーグ(試合) : コメント : 0 :

JAPANTOP12

1
記憶では 2018年大会で
石川佳純・平野美宇が不参加
エントリーしていた伊藤美誠がインフルエンザで直前キャンセルと
TOP3不在になったので
スポンサーの #LION の(想像だが)不興を買って
世界選手権最終選考会と合体した上で
世界選手権出場選手は出場が義務づけられた現在の形に一新
通常はひな祭り前後に開催される

2
2日目の世界卓球代表選手の対戦は
通常は近すぎる全日本の対戦を
録画再生で見るようで 緊張感が乏しい
TOP陣を強制出場させて花相撲を催す
#LION のタニマチ意識が古臭い
緊張感が張りつめている最終選考会のみで
番組作りすれば
応援するLIONのイメージUPになるのに
残念なことだ

3
春の選考会は決勝を放送したテレビ東京が配信もしたのに
今回はないのだろうか
平野美宇・早田ひなほか錚々たる顔ぶれのガチバトルなのに。
翌日の花相撲を地上波放送するフジテレビの見る目の無さ
プロ野球のオールスター戦の凋落ぶりを見れば
一般層が花相撲に無関心なのがわかりそうなものだが

以上 2019/12/19

追記1/3
きのう全力を出し切った選考会組を狩りだして
日本一決定戦と煽っても
いまどきの視聴者は醒めているから 釣られない
しかも 日本№1に300万円て マイナーすぎて泣ける
疲れ切っている選手の酷使とともに
#LION のイメージダウンになるだけなのに
いつまでつづけるのだ?

追記2/3
選手に満足なインターバルも与えずに
連続3・4試合を強いるなら
選考会を2日間に分割 2台進行にして
真剣勝負の選考会だけにすべき
代表選手との花相撲は廃止
そして 拍手だけが鳴り響く
お通夜のような寒々しい進行では
一般層には敬遠されるマイナー競技のままだろう

追記3/3
アダムのようなDJを起用して
楽しい雰囲気のなかで真剣勝負をするイベントにする
選手全員に賞金を授与すれば 励みにもなるだろう
大会の魅力を創出していかないと。
スター選手頼りのまま
冷え切った会場で淡々と試合する競技を
コアなファン以外 誰がTVで見るだろう
2019-12-22 07:00 : 卓球 : コメント : 0 :

最終選考会 今日のひな+

予想
平野美宇
12:15 長﨑美柚
昇り龍長﨑が下克上か
14:05 加藤美優or芝田沙季
芝田には2連敗中

早田ひな
12:15 橋本帆乃香
14:05 佐藤瞳
チョッパー2選手とも以前よりも
積極的な攻撃を仕掛けてくるから
落ち着いて対応する

16:00 早田ひな vs 平野美宇
力任せのラリーは危険
2019-12-21 07:10 : 卓球 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR