FC2ブログ

天才・伊藤美誠論 14 バック面表ソフトラバー 追記

「バック面表ソフトラバー考察」の反応で多かったのが
裏/裏=ドライブ型では伊藤美誠は戦えないという指摘
バック面を裏ソフトにしても
ドライブ型になるのでもなく ラリー主体にするのでもなく
現在の表ソフトでの戦い方を継続することが 自分の主旨だったのだが
裏/裏=ドライブ型と常識的に解釈した人には 理解されなかった

裏/裏=ドライブ型の常識が堅固な卓球経験者には
フォア面裏ソフトでみまパンチやスマッシュ連発の伊藤は
常識外れの異端そのものだろう
その異端の戦いをバック面裏ソフトでも可能にするものが
伊藤美誠の天性と 自分は信じている
スポンサーサイト



2019-06-30 07:00 : 天才・伊藤美誠論 : コメント : 0 :

発信 1

2019/06/29
自分は考えたり感じたことを
blogやtwitterで書き散らしているだけだが
関心事を検索してもマスコミの画一的な記事ばかりで
違和感があるのも確か
自分の言葉をSNSで公開しておくことで
いつか検索に引っかかり
マスコミの表面的な報道とは異なる視点を
誰かに発見してもらえればという思いもある

無力な個人の発信でも その言葉が真実であるかぎり 
消し去ることはできない
2019-06-29 07:00 : 発信 : コメント : 0 :

全日本 6月 16位~20位

16位(14) 浜本由惟 117 87 2956(3921)
今月末失効はなし
「JAPAN」の条件で区分されるのも
今回が最後かも
Tリーグは参加しそうだから 行ったきりではないようだ
卓球帰化となれば 成績がすべて
努力しても報われそうにない日本よりは
可能性が開けるか
まずは毎日を楽しんでほしい

17位(18) 小塩遥菜 181 195 1846(1595)
今月末失効はジャパンOP(540P)
韓国・オーストラリアOPにエントリー中
Tリーグチームからの誘いがあるという
日本女子は早熟とはいえ 義務教育期間中の生徒を
研究生ならともかく 戦力として集めるプロリーグの
方向は正しいのだろうか

18位(19) 松平志穂 185 197 1792(1562)
今月末失効はなし
韓国・オーストラリアOPにエントリーしている
あす27日に Tリーグ公式で
契約選手が発表されるとのことだが
再契約選手をここまで出し惜しみする意味があったのか
マレッツがSNSで所属選手を公表して
去年よりも早く陣容が整いつつあるのは
評価できる

Tリーグ
所属チームと契約更新しない選手を自由交渉可能選手としているが
ほかのチームと条件次第で契約する意思のある選手に限定すべき
他チームとも交渉しない(Tリーグに参加の意思がない)選手は
プロ野球の任意引退のような別枠の区分がよい
現行では 移籍の意思の有無が客観的に確認できない

19位(17) 森薗美月 209 153 1464(2094)
今月末失効はなし
ジャパンOP 予選R2敗退
対戦したシンガポールのZENG Jianよりも
はるかにシンガポール風で 帰化したとしても違和感はない
同僚の浜本由惟につづくか んなこたぁない by タモリ
韓国・オーストラリアOPはエントリーなし

20位(??) 松澤茉里奈 244 240 1464(1285)
今月末失効はなし
今年 所属の十六銀行の契約が終了した
選手の手薄なTリーグチームから誘いがありそうだが
Tリーグから日本リーグへの選手移籍がつづき
どうも練習環境が日本リーグチームのほうが
整備されているらしい
Tリーグチームは改善の余地ありか
2019-06-28 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

T2 Diamond 追記

2019/06/27 追記
T2 Diamondに
石川佳純が逆転出場を果たして
所属先である全農がスポンサーに納まった
ここまでは事実 以下は私的感想
石川についてまわる強運の黒幕と邪推する向きも多いのに
それを裏書きするようなことは むしろ
全農のイメージを毀損しているだろう
負のイメージの蓄積がやがて地殻変動を引きおこす
2019-06-27 12:00 : T2 Diamond : コメント : 0 :

天才・伊藤美誠論 14 バック面表ソフトラバー

1
ラケットを握ったこともない未経験者の考察で
的外れだったら 素人の専門家気取りと笑ってもらえばよい
対中国女子を想定(非中国選手には現状で勝てるので)
伊藤美誠へバック対バックのラリーやバック側へのサーブで
中国側が執拗に攻めるのは
伊藤のバック面が表ソフトで 回転のかかった強い球を返せないからだという

2
私見では 伊藤は自分のバックハンド(ラリーを含めて)に
いままで大きな自信をもっていた
対戦相手がバックを仕掛けてきても受けて立ち
非中国選手には勝ってきた
それが 中国女子相手では勝手が違って
力(回転量)で押されて 劣勢になるのは伊藤のほうだ

3
中国女子相手のバックのラリーで劣勢になる前に
伊藤は逆チキータほかで先手をとろうとする
以前の逆チキータは1試合に2・3回使うだけの秘密兵器だったのが
いまでは通常兵器に格下げしている
頻繁に使うために 中国女子も慣れてきて返されることも多い

4
変則チキータなども同様
去年伊藤条太が絶賛したバックハンドドライブは  VICTORY 2018/1/30 記事
ラリー中に連続して打てる感じではなく
変化技の多用に頼らざるを得ないほど
通常のバックのラリーが弱点と伊藤自身が意識しているのだが
結局 それはバック面の表ソフトが原因のわけだ

5
これは伊藤の個人レベルにとどまらない
異質型の塩見真希(フォア面)や木原美悠を見ても
表ソフトの本来の微妙な回転の変化は 現在の卓球では
強打されると変化を上書きされて
相手の打ち損じにならないことが多いように見える
とくに中国女子にその傾向が強い

6
表ソフトの本来の変化で得点できる割合が相当低く
逆チキータのように 意識して回転をかけないと効かないのでは
表ソフトのメリットがわからない
にもかかわらず 使いつづけるのは幼少期からの習慣だからで
筋力も技術も向上した現在の伊藤には
ドライブに有利な裏ソフトのほうが適しているのでは

7
バック面を裏ソフトに変えた場合
逆チキータや変則チキータは
加藤美優のミユータや早田ひなも使うから問題ない
ストップやツッツキの小技も皆が出せる
伊藤の主武器であるナックル性バックプッシュが  文春オンライン 2018/11/26 記事
裏ソフトでも遜色ない威力がだせるのかが最大の懸念事項だが
問題ないだろう 理由は8で

8
中国OP QF DING Ning戦
伊藤のフォア側の攻撃は強烈だ
みまパンチやスマッシュが直線軌道で返ってきて
さすがのDING Ningもとれない
あの直線軌道を
伊藤はフォア面裏ソフトで打っているのだ
あの感覚があれば バック面裏ソフトも使いこなせるはず

9
バックプッシュも的確に打てるならば
裏ソフトのほうがバックのラリーを楽に受けられるので
常に変化技に頼らずに済む
いまの伊藤は変化技で先手をとることで頭がいっぱいで 余裕がない
しかも 変化技が通常運転化したから
伊藤の思うほど 中国女子は意表を突かれていない

10
中国側が恐れるのは フォアもバックも 伊藤の直線軌道の速攻
打たれたら返せないから 打たせない対策になる
バックを攻められた伊藤が窮して変化技に頼る現状は
中国側の思う壺で 変化技は対応できるのだ
バック面裏ソフトでこの窮状を打破したい

11
裏ソフトでバック対バックのラリー自体も威力が増して
得点力がUPすれば
変化技を秘密兵器として温存できて より戦いやすくなる
いまの変化技は多用の弊害で 効果が薄い
バック面裏ソフトは 中国対策を越えて
現在の伊藤の戦い方に余裕をもたらすだろう

12
ドライブで有利な裏ソフトへの変更が
バックドライブのラリー戦術への転換を意味するのではない
バックのラリーの改善をして ライジングの速攻をより効果的にするのだ
ラリー中に みまパンチのように 直線軌道のバックプッシュを打てれば
強力な武器になる

13
もちろん表ソフトから裏ソフトに変えれば
打ち方も基本から変えるリスクはあるが
2017年に半年ほど
フォア面にテンション系から粘着ラバーを使用していた経験もあり
表ソフトを裏ソフトのように扱う伊藤の天性のセンスなら
裏ソフトに順応するのも早いはず

14
中国選手相手に1点をとることが大変と伊藤が迷路にいる現在
裏ソフトによるラリーの安定が ライジングの速攻に余裕をもたせ
伊藤の多彩な変化技をより効果的にするだろう
裏ソフトに慣れるまで時間が必要だが
五輪選考が大方決まったあとなら余裕はあるはず

この考察は対中国女子を想定してのこと


付録
去年 張本智和と伊藤美誠を
伊藤条太が世界最先端の卓球ともてはやしたときに
ふたりの目指しているのは 最先端ではなくて
中国に勝てる卓球だとツイートした記憶がある
ジャパンOPでともに中国選手に1回戦敗退したふたりは
その思いをさらに痛切に感じているだろう

当の伊藤条太はふたりを持ちあげるだけ持ちあげておいて
2019年の世界卓球前に
梯子を外してふたりを置き去りにしたまま 逃げだした
このライターのスタイルは目の前の現象を分析するだけで
過去の自分の記事との整合性の観念が乏しい

NEWSポストセブン 2019/04/16 記事









2019-06-23 07:00 : 天才・伊藤美誠論 : コメント : 0 :

伊藤美誠 61 師弟関係

日本スポーツ界では
選手はコーチ・監督を「先生」と呼び マスコミも「師弟」と表現する慣例
この上下関係が 自分で考えられない・勝負弱い選手を
生みだす元凶であり 弊害が大きい
コーチを敬うことと精神的服従とは似て非なるもの

コラム「今を楽しむ」 2019/06/22 新着記事
2019-06-22 07:00 : 伊藤美誠 : コメント : 0 :

T2 Diamond

1
第1イベントの出場権争いが中国OPで締め切られたあとに
T2リーグ優勝者SZOCS Bernadetteに出場資格があると
主催者がいいだした
ITTFの規約に何の変更もないまま
世界ランキングポイントを付与するボーナス特権を得るなど
もともとゴリ押し満載の興行とはいえ 主催者は最低限の倫理もないのか

2
団体戦のT2リーグとシングルストーナメントのT2 Diamondは
全く別カテゴリーであり 主催者が同じだけだ
T2公式サイトに 開催地枠の規定はあっても
T2リーグ優勝者の文言など皆無
T2公式 pdf

3
2回目・3回目の参加選手を累計ツアーポイントで決定するならば
1回目でPを獲得できた選手が
すでに持ち点があるのだから有利
各回仕切り直すなら一発勝負もできるが
累計方式では結局は実力者が上位に並ぶ
このイベントをつづけたら
世界ランクは 上位選手が 半数は中国女子が
ボーナスPを得るだけで 硬直化してしまう

4
それは実施する前に充分予測できたことで
卓球に志があるわけでもなく ビジネスセンスがあるわけでもなく
TOP選手たちを賞金とポイントで釣って競わせれば 金儲けできるという
安易な企画イベントは今年だけで廃止すべき
またしても失敗したFrank JIがみずから放りだす前に 宣告すべき

5
宮﨑義仁強化本部長の配慮の無さにも呆れる
五輪選考年の世界ランクは選考に深く関わるのに
ボーナスポイントという横紙破りまでだして混乱させる運営に
日本代表選考の実質的責任者が関与したのだから 責任は重い
明らかに不利益を蒙った石川佳純陣営は 内心穏やかではないだろう
以上 2019/06/16 記

2019/06/20 追記
上記をUPした途端 石川佳純の逆転出場が決定するという
胡散臭さ 以下ツイート記事

Instagramで一度は公式に発表された出場選手が
またまた変更され 保留中
理由が何であれ 選考基準は形骸化されて
複数国の関係者が利害の調整をしているだけ
いかに卓球界を歪めているか 関係者の責任は重大
再度言うが
この興行は今年限りで廃止すべき
主催者のモラルがあまりに低すぎる

2019/06/21 追記
出場者が正式決定
ツアースタンディングポイント順位
8 CHEN Xingtong(辞退)
10 WANG Yidi(辞退)
12 HE Zhuojia(辞退)
17 SZOCS Bernadette(T2リーグ優勝者枠)

以下落選
15 POLCANOVA Sofia(繰り上げ)
18 石川佳純(世界6位 繰り上げ)
18 加藤美優(世界20位 繰り上げ)

18 HAN Ying(世界50位)
18 GU Yuting(世界56位)

男子は基準通りで 辞退者もない
女子は ファンは運がよかったと喜び
アンチ勢は辞退者側への働きかけを疑う
自分は ITTFの規約の変更なしに
ボーナスポイントの特権を得た時点で
卓球界を害する不当な興行と判断していて
あとはしらけ気分が増すばかり
T2リーグ同様 失敗して完全撤退と予想





2019-06-21 17:00 : T2 Diamond : コメント : 0 :

全日本 6月 11位~15位

11位(11) 大藤沙月 58 63 5129(5144)
今月末失効はジャパンOP(900P)
香港OPはエントリーなし
ジャパンOPはWU Yangに完敗
普段練習している先輩の
佐藤瞳・橋本帆乃香の目が怖いww
ちびっ子ドライブ型は
先輩の芝田沙季を見ても 何らかの突出したものがないと
ドライブ型の分厚い選手層のなかで埋もれてしまう
結局は前陣速攻に近づくのでは

12位(13)
木原美悠 60 80 4955(4246)
今月末失効はジャパンOP(900P)
香港OPはダブルスのみも平野美宇/石川佳純を破り
日本女子ダブルス3番手を証明
ジャパンOPではSUN Yingsha/WANG Manyuに力負け
シングルスは予選通過もR32石川佳純に完敗
もっと競ると予想したが 委縮した感じだった

13位(12) 塩見真希 76 68 4405(4805)
今月末失効はジャパンOP(540P)
香港OPはなし ジャパンOPは予選R2で敗戦
停滞がつづく
表ラバーは慣れられたら優位性がなくなるといわれるが
現代卓球では
強打されると 表ラバーの変化が簡単に上書きされてしまう印象が強い
表ラバーが一般的に有効ならば 塩見はもっと勝っているはず

14位(15) 森さくら 101 116 3485(2997)
今月末失効はなし
香港OPはエントリーなし
ジャパンOPは予選通過し
R32芝田沙季をフルゲームで振り切るも
R16中国カットに最終ゲームデュースで振り切られた
インドリーグは今年は不参加のようで
世界ツアーとTリーグの2本立てか
韓国・オーストラリアOPも元気に参加

15位(16) 相馬夢乃 111 134 3053(2458)
今月末失効はなし
香港OPはエントリーなし
ジャパンOPは予選R1で敗退
卓球人気で 160㎝超の女子が増えてきて
海外選手にも見劣りしなくなってきた
今後も 体格のハンデのない日本女子が増えるだろうが
それがそのまま有利になるとはいえないのが
卓球の面白いところ
2019-06-21 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

早田ひな 21 NHK スポーツ×ヒューマン

「弱い自分に負けるな 卓球 早田ひな」 NHK
煽りがなくて しっかりした内容で よかった
1日午前9時~午後9時の練習と解説していたが
食事休憩やウエイトトレも含むとしても どうだろう
佐藤瞳も8時間練習の記事
12時間練習でボロボロになって五輪出場した福原愛もいて
日本女子は総じて練習好きだが

人間は賢い生き物だから
最後までもつように無意識にペース配分しているはずで
本当に全部腰の入った打ち方をしているのか
手打ちになってノルマをこなすだけの時間帯はないのか
試合の早田が緊張すると手打ちになるのは
練習でも疲れて手打ちの時間が長いからでは
疲れて集中力を欠いた長時間よりは
すっきりした頭で集中できた練習の長さが鍵のようだが

「メンタルは何歳になっても一番の敵」と
弱気や緊張を抑えこもうとしても
人間だもの それは無理筋
弱気になっても緊張してもよいから
体重が乗って回転がしっかりかかった
生きた球が打てれば それでよい
これでいいのだ by バカボンパパ

2019-06-18 12:00 : 早田ひな : コメント : 0 :

伊藤美誠 60 ジャパンOP まとめ

1
スキンヘッドの肖戦(XIAO Zhan)がベンチにいるだけで 嫌な予感がする
対する日本側は 松﨑太佑コーチが例のごとく眠そうで
ひとり戦う伊藤美誠が不憫に見える
中国コーチは1分間の助言で形勢を逆転する力があるが
肖戦が伊藤のベンチについたら 何を助言するのだろう

いまの伊藤でも もっと中国女子に勝てる何かを気づかせてくれそうだが
毎回このハンデを抱えて戦う伊藤の見えない不利は大きい

2
まず落ちつくこと
いまの伊藤は変化、変化で 余裕がない
1点をとるのが大変と感じるのは
変化技ばかり考えているから
変化技の多用は本来の伊藤の戦い方ではない
不利でもよいから バック対バックのラリーをしっかり受けながら
焦らないでライジング主体の速攻を狙う
変化技はアクセント
2019-06-18 07:10 : 伊藤美誠 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR