FC2ブログ

Playback ひな 19 まとめ

2019年2月までの早田ひなを遡ってきてのまとめは
意識改革が必要ということ
猛練習して故障したのだから 仕方ない
過密日程をこなして故障したのだから 仕方ない
肯定的受け入れをしている限りは
今後も故障を繰りかえすだろう

故障しない練習・日程を意識して自己改革すること
練習において漫然と体力勝負をしているだけでは
故障の回避どころか 技術の向上も望めない
早田の試合を見ていて
練習の精度の低さが疑われる

たとえばフットワーク
右に左にステップする多球練習は嫌というほどやってきているだろう
しかし 高度なフットワークを獲得した伊藤美誠と比較してみれば
体格も含めた身体能力は早田のほうが優れているだろうが
試合での動きは伊藤のほうがよい
それはなぜか

人間は球よりも速くは動けないから
相手が打つ前に予測して動きだす必要があるが
伊藤のほうが的確で早い
それは伊藤に特殊な予知能力があるわけではなくて
どこへどういう球を打てばどこへ返ってくるかを把握しているからだ
相手の返球を限定する精度の高い球を打つことを繰りかえす

特にサーブやレシーブ
たとえば 相手のフォア前への下回転系サーブの場合
伊藤の相手は9割方ストレートに 伊藤のミドルかバックへ
ストップかツッツキを返してくる
それはまず
伊藤のサーブのコースがギリギリまでフォアかバックか判断できない

加えて 強烈なロングがあるのでミドル待ちの意識もあって
フォア前への対応が微妙に遅れる
伊藤はフォア側を空けているように見えるが
それは誘いであって 強打を狙っている
だから 相手は伊藤のミドル(orバック)へとりあえず返すだけで
予測した伊藤が主導権をとりやすい

早田の場合は左右の違いはあるが
相手のフォア前へ下回転系のサーブをだしても
ワンバウンドの打球が台をでたりで
相手が強打も軟打も 早田のフォアへもバックへも打てる
つまり 相手の選択肢が多く主導権をもたれて
早田は予測できないから打つ前に動けない

つまり予測能力を発揮するには
相手の返球を限定する自身の打球の精度が求められる
打球の精度→相手の返球を限定→コースの予測→ステップ移動
という過程がフットワークにはあるのであって
ただ右に左に多球練習していても
そのフットワークは実戦では使えない

多球練習は
選手が自分の打った球を相手がどこへ返してくるかの視点がない
選手がどこへどう打とうが
次球は段取りで決まった場所に(orランダムに)戻ってくるのであり
選手の打球の精度はせいぜいINかOUTかくらいしか考慮されない
こういうフットワーク練習は 基礎を固めるのには有効だが
現実の試合では使えないだろう

自分がどこへどういう球を打てば
相手はどこへ返してくるかを把握できてはじめて
予測できるしフットワークも使えるようになる
浮いた甘い打球は相手の自由になってしまうから
低い弾道にしたり落下地点を絞るなどして
相手の自由度を削り 返球コースを予測しやすくする

問題は練習時にそういう連携を意識して
個々の技術の精度を向上させているのかどうか
早田はコーチともども
サーブはサーブ フットワークはフットワークと
別々の意識で漫然と練習をして
技術の質は沢山練習すれば何とかなるさと
深く考えることもないのでは

そこまで個々の技術の連携を
高度なレベルで突きつめて練習をしているのは
伊藤美誠のほかには石川佳純くらいかもしれないが
世界TOP陣と戦うには そのレベルでの練習が必要
早田は練習量から質への転換を
この休止期間中に実現したい

久しぶりの試合となったドリームマッチの早田は
顔やせしてからだ全体も丸みがとれて体重が落ちた感じで
下半身への負担がかなり軽減したのでは
インタビューでは
今年は自分のからだを見つめ直すために
トレーニングの内容を変えたとの発言があり
大会再開後に期待できる


スポンサーサイト



2020-09-22 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 18 ポルトガルOP 2019/02/13-17

R64 早田ひな 4-0 MANTZ Chantal
(11-5 11-6 11-8 11-8)
配信なし

R32 早田ひな 4-0 LIU Jia
(11-6 11-7 負傷棄権)
配信なし

R16 早田ひな 4-2 LIU Shiwen
(9-11 12-10 14-12 11-9 8-11 11-8)
2020年7月現在 LIUは対日本62勝4敗
福原愛・伊藤美誠(2勝)のあとに 早田は名を連ねた
2017年中国大会の初対戦(1-4)以来
PLUSなので LIUは調整目的の参戦と推測されたが普段通り
ここから世界選手権へ一段レベルをあげた

早田はLIUにはGU Yutingあたりのイメージでやりやすいはずだが
LIUは巻き込みサーブ(早田は左利きだが)があまり好きではない感じ
伊藤美誠が苦手なのもそれが大きいと思う
また変則チキータがかなり決まった
流れ的には 第2・3Gを先行されながらとれたことが大きかった

QF 早田ひな 4-0 POTA Georgina
(11-6 11-2 11-2 11-2)
POTAはハンガリーのベテラン選手で
粘り強いイメージがあったが
早田の強打を止められず
実力差よりも一方的な展開になった

SF 早田ひな 4-1 HU Limei
(10-12 11-4 11-9 11-6 11-6)
HUは中国第3集団 右利きカット型ながら
途中から転向したようなぎこちなさがあって
カットにキレが感じられない
フォアはナックル?も多い
カウンターがないから 早田は楽だった

F 早田ひな 4-3 橋本帆乃香
(9-11 8-11 11-4 12-10 11-3 8-11 11-8)
2019年は国際大会で3戦3勝も接戦
2019年の橋本はとにかく善戦女王で
第1・2Gをとっても そこからもつれてフルゲームの末
橋本のスタミナ切れで敗北というパターンが多かった

早田がカット型に負けたのがいつか 記憶にない
同じカット型の天敵でも
伊藤美誠は対ドライブ型とほとんど同じ試合時間で終わるが
ドライブ型の早田はラリーがつづくから消耗戦になる
早田は故障がちなので 疲労の蓄積する対カット型戦は
見ていてひやひやする

2020-09-17 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 17 オマーンOP 2019/03/20-24

R32 早田ひな 4-1 NOSKOVA Yana
(11-3 11-7 11-8 12-14 11-8)
NOSKOVAはロシアの選手
右利き選手のバックサーブに
早田は逆チキータで合わせることが多い
ラリーで早田が優勢

R16 早田ひな 4-1 芝田沙季
(10-12 11-6 14-12 11-9 11-7)
残念ながら配信なし

QF 早田ひな 4-0 SZOCS Bernadette
(11-6 11-6 11-3 11-7)
SZOCSのレシーブが浮いてしまうことが多く
早田には楽な展開
ラリーではSZOCSの非力さが目立ち
サーブも威力が弱かった

SF 早田ひな 4-1 平野美宇
(11-6 11-7 10-12 11-8 11-5)
五輪代表の選考年で 平野もPLUSに参戦
PLUSで複数カメラは画期的だが
サーブ選手のアップからの切り替えで
球がどこへ行ったか見られないことがしばしばで
フラストレーションが溜まる

この大会は早田の変則チキータ・逆チキータがよく決まった
一方の平野はチキータが精彩を欠いた
とにかく平野のタイミングのずれた打ちミスが多く
平野のほうがプレッシャーを強く感じていたのだろう

F 早田ひな 4-1 CHENG I-Ching
(11-3 11-5 7-11 11-9 11-8)
CHENGは非中国の海外選手ではFENG Tianweiを抜き
現在最強といえる
FENGよりも速攻に対応できるので伊藤美誠とも接戦になる
2016年グランドファイナル初対戦(0-4)以来

早田の変則チキータやロングサーブが効きまくったが
CHENGはきっちり対応してくる、やはり一流選手
2016年W杯で平野美宇のロングサーブ戦術に敗れたが
2017年W杯で対応してリベンジ
伊藤美誠のサーブにもかなり対応できるようになっている

早田ひな はポルトガルOPでLIU Shiwenを破り
今大会で平野・CHENGと撃破
2019年の早田はこの時期が一番強かった
一方で 03/02の世界選手権の選考会で敗れるなど
プレッシャーのかかる大会で悉く結果をだせなかった
長丁場の代表争いは初体験で 苦しい戦いに終始した
2020-09-14 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 16 カタールOP 2019/03/26-03/31

2019年は東京五輪代表の選考年であり
2019/03/02の世界選手権代表選考会で
早田は代表をのがして ポイント争いで
先行するライバルたちに痛い遅れをとった
その後のオマーンOP優勝で復活
高ポイントを狙う大会だったのだが

R2 早田ひな 4-1 BILENKO Tetyana
(11-6 11-4 8-11 11-6 11-8)
配信なし

R3 早田ひな 3-4 YOO Eunchong
(11-5 7-11 14-12 9-11 11-13 11-2 10-12)
YOOは韓国4番手以下で 初対戦とはいえ勝てる相手だった
サーブは優位だが 3球目以降のラリーはYOO優勢

相手のどこを攻めれば得点率が高いか
試合のなかで把握できないまま
来た球を打ち返している印象
相手の弱点を突くところまで思考する余裕がない
石田大輔コーチがうるさいが
ベンチは馬場美香監督のもよう

当時のblog記事
2019/04/13 改造計画 記事
http://kittyoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-1044.html
2020-09-10 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 15 セルビアOP 2019/05/01-05/05

R64 早田ひな 4-0 KHUSSEINOVA Gulchekhra
(11-1 11-4 11-2 11-7)
配信なし

R32 早田ひな 4-0 KUMAHARA Caroline
(11-7 11-5 11-2 11-1)
KUMAHARAは東京五輪のブラジル代表だろう
初対決も完勝

R16 早田ひな 4-1 阿部愛莉
(11-9 7-11 12-10 11-5 11-6)
配信なし

QF 早田ひな 4-0 PERGEL Szandra
(6-11 11-1 11-6 11-1 11-3)
PERGELはハンガリーのベテラン選手で
2016年に初対戦(2-4)
いまの力関係では順当勝ち

SF 早田ひな 4-0 MIKHAILOVA Polina
(11-5 11-4 11-7 11-8)
こちらもロシアのベテラン選手で初対戦

F 早田ひな 4-1 SOO Wai Yam Minnie
(11-9 11-7 10-12 11-9 11-9)
SOOは黄金世代よりも2歳上で
香港のエースになってもよいのだが 2019年は伸び悩んだ
香港2TOPと比べると 鍛え方が足りない感じで
恵まれた体格を使いこなせていない
シニアではもっと敏捷性が欲しい

SOOのピッチが遅いので 早田としてはやりやすい
ラリーでも優位を保っていたので
点差よりも実力差が感じられた
こういうレベルの大会は ポイント稼ぎだから仕方ないが
内容的には得ることは乏しい
2020-09-01 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 14 中国OP 2019/05/28-06/02

R2 早田ひな 4-1 PICCOLIN Giorgia
(5-11 11-6 11-5 11-2 11-3)
配信なし

R3 早田ひな 3-4 GU Yuting
(7-11 11-4 11-9 6-11 11-7 9-11 9-11)
GUは中国第2集団で 平野美宇の天敵(5-0)
力でゴリゴリ押す左利き選手で中国版早田ひなともいえるが
サーブのレシーブが弱点であるのも同じの似た者同士対決
ベンチは馬場美香監督のもよう

フォアのドライブをガンガン打ち合い互角の戦い
3G先取しての第6Gにすっと大きく先行されたのが痛かった
第7Gは逆に8-3で先行しながら まくられてしまった
精度が上がった2020年版早田ならば勝ち切れるだろう

当時のblog記事
2019/06/09 覚醒計画
2020-08-30 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 13 ジャパンOP 2019/06/12-16

ジャパンOP 2019/06/12-16
R2 早田ひな 4-0 MUKHERJEE Ayhika
(11-1 11-6 11-1 11-8)
近年成長著しいインドの22歳
チョッパーではないが
フォアもバックもカットして返すことが多く
フルスイングがほとんどない
年少時からドライブ型の基本を習得していたら
はるかに強くなっていたろう

R3 早田ひな 4-1 ZENG Jian
(11-7 7-11 11-5 11-9 12-11)
ZENGは伊藤美誠に勝利したこともあって
シンガポール2番手になってもおかしくないが
もう24歳で 伸び悩んだ感がある
ベンチは馬場美香監督のもよう
2019/06/12-16

ZENGはラリー戦で手堅く得点するタイプも 早田の強打が優った
この頃の早田は決めにいったフルスイングが
オーバーしてしまうことが多かった
置きにいくコントロールショットよりはよいが。
バランスを崩すこともしばしばで故障の遠因だろう

R32 早田ひな 2-4 CHEN Meng
(11-3 9-11 10-12 11-8 8-11 7-11)
CHENは世界最高峰選手も
圧倒して勝つよりはしぶとく勝つタイプで
残念ながらカリスマ性に欠ける
練習相手がほとんどドライブ型の中国選手には
早田は噛み合うのでやりやすい相手だろう

CHENの弱点に相手のサーブに慣れるまでに時間がかかることがあって
第4Gまで 早田の巻き込みやYGが効いているうちは
早田が普通に勝てそうに見えたが そこからが遠い
第5・6Gも圧倒されるのでもないが 3点4点は差がついてしまう

かつてのLI Xiaoxiaは相手に2Gハンデをあげてから
試合を始めるようなスロースターターぶりだったが
本気になってからは寄せつけない凄みがあった
(リオ五輪の準決勝 福原愛戦は最初から本気モードだった)
CHENにはまだそういうふてぶてしさはなく
首脳陣は結構ヒヤヒヤするのでは

当時のblog記事
2019/06/09 覚醒計画
http://kittyoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-1146.html
2020-08-20 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 12 韓国OP 2019/07/02-07

R2 早田ひな 4-3 SHI Xunyao
(7-11 3-11 11-9 11-5 9-11 11-5 11-6)
SHIは長﨑美柚と同世代 ジュニア女王ながら
中国第3集団で伸び悩んでいる
これという特徴がなく 全体に完成度がまだ低い
特にレシーブがいまひとつ
ベンチは馬場美香監督

初対戦の序盤は 巻き込みサーブは効くのだが
SHIにフォア強打されて完全なSHIペース
サーブのレシーブをナックル?でSHIのミドルへ返すようになって
もち直し 徐々に早田ペースになった
珍しくYGサーブを2回?試したがオーバーミス

R3 早田ひな 4-2 CHEN Ke
(7-11 11-7 11-7 11-9 4-11 11-7)
CHEN Keも中国第2集団にいたこともあったが
いまは世界ツアーにあまり参加できない
まだ23歳だが後輩に抜かれてしまった感がある
CHENは中国女子にしては非力でラリーがあまりうまくない
ベンチは馬場美香監督

巻き込みサーブを使う左利きという似た者同士の初対戦
フォアよりはバックハンドが苦手の雰囲気で
第2G以降 CHENのミドルに球を集めて
バック対バックへ誘導して 早田ペースに
早田はサーブが左対左でミドルにくるからか
チキータや変則チキータが多かったが 精度はもうひとつ

R32 早田ひな 2-4 LIU Shiwen
(5-11 16-14 7-11 11-8 6-11 5-11)
2018年・2019年の早田の対中国のドローの悪さは
単なるドロー運ではなくて意図的なものと判断しているが
証拠は無いから為す術がない
2月のポルトガルOPにつづいて連勝すれば早田の歴史が変わったが
LIUも連敗はできない

LIUは巻き込みサーブを早田の弱点のフォア(ミドル)へが基本線
これに対応できると相手は相当困るはずだが 最後まで崩せず
2-2に戻したものの 第5Gから疲れた感がでてきて
集中力が減じた
ベンチは馬場美香監督

当時のblog記事
ちなみに七夕は早田の誕生日
2020/07/07 韓国OP まとめ
http://kittyoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html
2020-08-16 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 11 オーストラリアOP 2019/07/09-14

R2 早田ひな 2-4 LI Jiayi
(4-11 5-11 11-7 7-11 11-9 7-11)
LIは中国第3集団で 早田は十分勝てる相手だった
大きいラリーは打ち勝てるのだが
巻き込みサーブがあまり効かず
レシーブは大きく浮いて 相手のチャンスボールになってしまった

拍手がうるさいから石田大輔コーチがカメラ近くにいるのは確かだが
ベンチかは確認とれず

当時のblog記事
2019/07/15 オーストラリアOP まとめ
2020-08-10 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :

Playback ひな 10 ブルガリアOP 2019/08/13-18な 10

R2 早田ひな 4-0 FENG Yalan
(11-8 11-9 11-8 11-7)
FENGは中国第3集団ながら
かつては第2集団で伊藤美誠にも勝利したこともある強豪だが
もうベテランの域で 世界ツアーには後輩がでてくるようになった
このレベルと予選で当たるのはつらい
ベンチは馬場美香監督

FENGはロングサーブが多く 男性的な大きなラリーを好むが
それは早田の土俵でもあり 打ち勝った
サーブが終始効いていたので 積極的なラリーができた
この大会あたりから
早田は左足前の逆足の構えが顕著になったと記憶

R3 早田ひな 4-2 ZHANG Qiang
(10-12 11-3 12-10 11-9 9-11 15-13)
ZHANGは中国第3集団で 早田とは初対戦だが
このレベルには勝たないと上位に行けない
ベンチは馬場美香監督
この2か月後のポーランドOPでは
ベンチが石田大輔コーチで敗北する

右利きペンホルダーのZHANGに対して
フォア強打でガンガン攻めた、早田らしい豪快な勝利
巻き込みが効いたことが大きいが
最終Gは6-10からの挽回で とられていたら危なかった

R32 早田ひな 4-2 橋本帆乃香
(11-13 11-6 6-11 11-6 11-7 11-9)
橋本は早田(1-8)・伊藤美誠(0-5)との対戦がやたら多く
石川佳純(0-3)・平野美宇(0-2)とはあまりない
いつものひなほの戦らしく この試合も熱戦だった
善戦女王橋本はスタミナも含め後半が課題か

R16 早田ひな 2-4 JEON Jihee
(11-3 7-11 9-11 11-13 11-6 7-11)
確かにJEONは韓国のエースであり
このあとT2で平野美宇にも勝利するが
それでも 早田は勝たねばならなかった
予選で中国選手に2連勝したのが水の泡
2019年の早田はこういうもったいないことの繰り返しだった
ベンチは石田大輔コーチ

2017年スペインOPで早田が勝利して以来の対戦
当時新しくとりいれた巻き込みサーブが効いたと記憶
今回も第1Gはよかったが あとは巻き込みに対応された
フォアへのストップ(ナックル?)に
合わせられずオーバーミスが多かった

当時のblog記事
2019/08/27 ブルガリアOP・チェコOP まとめ
http://kittyoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-1276.html
2020-08-04 07:00 : Playback ひな : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR