FC2ブログ

Playback みま 20 まとめ

2019年の伊藤を改めて見返して気づいたのは
どの選手でもそうだろうが
体重の乗った前傾姿勢のときは成績がよく
体重が後ろに残っているときは悪い
心理面で気後れして体重が乗り切らない場合もあるし
体調自体が悪くて重心が後ろに残る場合もある

精神面と肉体面と両方が揃って
前傾姿勢が無意識のうちにとれるのが
いわゆる好調時だ
どちらかが欠けると不調に陥る
逆から見ると
前傾姿勢を敢えて意識して整えることで
気後れや体調不良をカバーすることもできるのでは

偉大な選手が常勝を体現できるのは
形勢不利のときも体調不良のときも
そういう修整ポイントをもっているからだろう
会場に鏡が設置してあるわけではないから
試合中の選手が姿勢を客観視するのも難しいだろうが
伊藤の次のステップにつながるにちがいない

スポンサーサイト



2020-09-18 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 19 カタールOP 2019/03/26-/31

全日本選手権につづいて
世界選手権も3種目エントリー予定のため
前哨戦としてこの大会も3種目
XD 準優勝
WD SF敗退
WS QF敗退
全部中国戦での敗退だが やはり体力面での負担が大きく
世界選手権後3種目エントリーはなくなった(五輪除く)

R32 伊藤美誠 4-2 安藤みなみ
(9-11 11-6 14-12 11-7 8-11 11-8)
2017年全日本選手権の初対戦で敗北して以来か
第1Gを落として悪夢の再来かと思ったが
第3Gのデュースを制して振り切った
やはり自身と同じスマッシュを武器にする選手とは戦いにくいようだ

R16 伊藤美誠 4-0 DOO Hoi Kem
(11-9 12-10 11-9 11-8)
2018年オーストリアOPの敗北(2-4)以来
香港のエースDOOはなんといっても
2019年の不調が不可解
はじめはフォアを全力で触れない肉体的な故障と見えたが
長期に渡って上向かず 精神面が原因かも

R16 伊藤美誠 4-0 DOO Hoi Kem
(11-9 12-10 11-9 11-8)
やはりDOOのからだ全体に覇気がなく
全力のスイングではない印象
伊藤が左右に振って得点して ミスをして失点
点差は競ったが 伊藤らしい進行だった

QF 伊藤美誠 0-4 DING Ning
(10-12 10-12 4-11 8-11)
世界ツアー屈指の人気カードといえる
いまや中国選手と互角に渡り合える選手に成長した伊藤だが
このときはまだストレート負け
第1・2Gのデュースを連続して落として 気落ちした

世界選手権で指摘したが
伊藤のポジションがすこし引いた位置で
DING Ningの間合いで進行しているので
遅めのピッチのラリーがつづきはするが
元女王が攻めこんで 伊藤は受けに回った

当時のblog記事
2019/03/25 カタールOP前 記事


2020-09-09 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 18 世界選手権 2019/04/21-04/28

R128 伊藤美誠 4-0 KUCEROVA Aneta
(11-6 11-6 11-5 11-7)
KUCEROVAは29歳のベテランながら初対戦
世界ツアーでは予選通過が目標の選手だろう
ラリーはしぶといが
彼女のバックサーブを難なく見切って危なげなかった
2019/04/21-04/28

R64 伊藤美誠 4-1 ZHANG Lily
(11-8 11-8 11-7 6-11 11-2)
ZHANは2019年平野美宇を破るなど躍進して
伊藤も受賞したブレイクスルー賞に輝いたアメリカのエース
上位選手はスマッシュ系の鋭い伊藤のフォアは避けるが
ZHANGは普通にラリーを仕掛けるから
伊藤にはやりやすかった

この大会のハイライトはなんといっても
シード選手のドロー抽選会だった
五輪代表の選考争いが熾烈ななか
最も当たりたくない相手が中国選手 特にSUN Yingshaを
自分の手で引いたのが伊藤だった
この時点で伊藤は対戦に気後れした気持ちがあったはず

R32 伊藤美誠 1-4 SUN Yingsha
(6-11 9-11 9-11 15-13 2-11)
気持ちで負けていた部分に加えて
当時のまとめで指摘したように
立ち位置が微妙に引いている部分が大きい

2020年版の伊藤はSUNにも未勝利のCHEN Mengにも
対戦前に気後れする部分はないだろう

ダブルスのときに早田ひなが
「ミックスのせいか後ろ気味だからすこし前にでたほうがよい」と
アドバイスしたはず
SUNはスイングがコンパクトで早いから球を引きつけられる
その分前めで捌けるから速攻に強い

第1G 6-9で松﨑太佑コーチにダメと口真似しているから
本人の想定以上に速攻が効かないショックがあった印象
広角に振る意識は強いのだが
打球点が遅いために SUNが追いついて強打を食らう
第2G以降も SUNの強打に押しこまれて腰が引けてしまっている

このときから1年経った2020年版の伊藤は
フットワーク強化で下半身が安定したことで
前がかりの姿勢を保てるようになって
フォアもバックも体重がしっかり乗るようになった

当時のblog記事
2019/05/05 世界選手権 まとめ
2020-09-05 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 17 中国OP 2019/05/28-06/02

R32 伊藤美誠 4-3 WANG Yidi
(12-10 11-7 10-12 7-11 3-11 11-9 11-7)
WANGは中国第2集団も 2019年に成長してきた
左右のカバー力が高いラリー巧者
伊藤はここまで0勝2敗
次週の香港OPでまた負けてしまうが

中国国家戦術でWANGが伊藤のミドルへ球を集めるのに対して
この試合は変則チキータや逆チキータが多く幻惑したが
第3GからWANGも慣れてきて3G連取
雰囲気は伊藤の負けペースも
第6Gからバックハンドの押し込みが鋭さを増したのと
伊藤のロングサーブからの展開が終始得点率高かった

R16 伊藤美誠 4-3 FENG Tianwei
(11-6 11-8 14-12 11-9)
FENGは当時は1年後に迫ってきた東京五輪に向けて
調子を上げてきた
現代風の早いピッチの卓球にも以前よりも対応してきて
世界ランクもひと桁をキープしているのはさすが
FENG得意のロングサーブが伊藤にはほぼ効かない

QF 伊藤美誠 4-1 DING Ning
(7-11 12-10 18-16 13-11 11-9)
母国大会でDING Ningへ大声援が送られ
ヤジのような不規則発言もあるなか
伊藤はまるで動ぜずの試合
3度のデュースを1つでもとっていれば
勝敗はわからなかったが

伝家の宝刀トマホークが伊藤には全然効かないので
たぶん2018年のスウェーデンOP以来ずっと封印している元女王は
中国国家戦術で伊藤のミドルへロングサーブを多用も
彼女のサーブはどれも苦にしない伊藤には効果がなかった
元女王はピッチがどうしても遅くなる

SF 伊藤美誠 1-4 WANG Manyu
(10-12 10-12 11-5 7-11 6-11)
中国国家戦術で伊藤のミドル(からバック)へ球を集め
伊藤の意識がミドルに集中するとフォアへ振る展開
第3Gは伊藤が広角に振ってペースをつかんだ
第4G以降は WANGがすこし回転を変えたのか

バックプッシュの精度が落ちて 伊藤の展開にもちこめなかった
世界選手権で感じた、伊藤がすこし引いた立ち位置で
速攻の精彩を欠いた部分が改善されて
伊藤本来の攻撃スタイルに戻って ひと安心

当時のblog記事
2020/06/03 中国OP まとめ
2020-08-29 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 16 香港OP 2019/06/04-09

R32 伊藤美誠 4-0 YU Mengyu
(11-5 11-4 11-7 11-7)
YUはシンガポールのベテラン選手で
リオ五輪ではダブルスで対戦して 東京五輪も出場するだろう
エースのFENG Tianweiよりは格下なので 怖い相手ではない
YUは自分のサーブ権で得点したいが
伊藤のフォアとバックとどちらを攻めるか迷った

R16 伊藤美誠 4-0 SUN Mingyang
(11-5 11-7 11-9 11-5)
SUNは 異質型の希少な中国にあって
HE Zhuojiaとともに仮想伊藤として重用も
コピー選手というほど伊藤に似てはいない
2017年スウェーデンOPで初対戦(2-4)以来
伊藤のサーブが効きまくり
SUNのサーブは見切っていた

QF 伊藤美誠 4-1 POLCANOVA Sofia
(11-8 9-11 12-10 14-12 13-11)
欧州最高位の世界ランク14位のオーストリアのエース
母国リーグでは浜本由惟と同じチーム
そして Tリーグのシーズン2に参戦して故障という
2019年は試合過多の選手の典型的な筋道を辿った

台湾のLIN Yun-Juにしても
毎年ツアーの大会数は同じでも
強くなるとトーナメントを勝ちあがるから
1大会ごとの疲労度が倍加して 回復にも時間がかかる
その上に 海外遠征してのリーグ戦と肉体を酷使してしまう
収入を得るために仕方ないとはいえ
選手がスケジュールを軽視している面もあるだろう

2014年スペインOPで初対戦(2-4)以来4連勝中だが
思いのほか接戦に
長身の相手に対して左右に振る戦術で一貫していたが
リーチが長くて拾われそうに感じるのか
コーナーを突いてオーバーミスがしばしば
投げ上げのミニトマホークほかサーブが効いて助かった

SF 伊藤美誠 4-2 平野美宇
(18-16 12-10 11-6 9-11 6-11 11-7)
2019年の対戦では最も熱戦に
平野の戦術がわかっている伊藤有利の展開
伊藤は全体的にからだがだるそうで
ストレート勝利目前だったが
平野に踏ん張られて2Gもつれた
最後はサーブで振り切った

F 伊藤美誠 0-4 WANG Yidi
(3-11 7-11 5-11 6-11)
WANGは2019年に台頭してきた中堅選手
派手さはないが左右の動きがよく堅実
芝田沙季はこういう卓球がやりたいのかも
前大会の中国OPでフルゲームの末初勝利しているだけに
完敗は肩透かしだった

3週連続のアジアシリーズの第2週で
疲労している部分はあったろうが
淡泊さがでた
伊藤はフォアのフィニッシュが外れて
自分の形がつくれない
第2Gに回転を利かせたループ気味の返球など
試みたが流れは変わらず
ラリーで体重が球に乗らないから球威がでない

身体能力の優れた早田ひなでもそうだが
悪いときのラリーは受け身で からだも心も前がかりにならない
特に小柄な伊藤は腕力があるわけではないので
体重を乗せることが重要
そこで伊藤は小技に頼りがちだが 小技も手打ちでは威力がでない

不調のときにどう切り替えて前傾姿勢で向かっていくか
その答えが見つかれば
伊藤はもう一段階レベルが上がるのだが

当時のblog記事
ちなみに早田ひなは国別の足切りにかかって不出場
2019/06/10 香港OP まとめ



2020-08-25 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 15 ジャパンOP 2019/06/12-16

R32 伊藤美誠 2-4 GU Yuting
(11-7 7-11 8-11 9-11 14-12 10-12)
GUは中国第2集団 左利き選手
1年ぶりの対戦だが2連勝中(2-3)
イメージは早田ひなに近くて強打が強みだが
GUもレシーブが弱点で
過去の勝利はサーブで優位に立つ流れだった
2020年カタールOPでリベンジ

中国女子は伊藤にバック対バックで攻めるのが普通だが
左利きでもあり フォア強打が持ち味のGUは
それでは不利と見たようで
サーブから伊藤のフォアへ多く 決め球は両サイドへフォア強打
ほぼ互角だったが
伊藤はGUのミドル主体に攻めて フォア強打を封じたかった

当時のblog記事
2019/06/18 ジャパンOP まとめ
2020-08-17 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 14 韓国OP 2019/07/02-07

R32 伊藤美誠 4-1 相馬夢乃
(11-8 11-7 11-5 9-11 11-6)
相馬は長﨑美柚と同学年の次世代チョッパー
打点の高いカットと素早い攻撃が持ち味
当時はJNT派遣だったが
まず 相馬がどこまで本気でNT入りを目指すかが先決
カット型の天敵・伊藤とはそれからの話

R16 伊藤美誠 4-0 佐藤瞳
(11-8 11-6 11-5 11-6)
この大会から2019年はT2も含めて伊藤の5連勝
遡ってきてもうネタ枯れだが
佐藤もカット型の天敵・伊藤に鍛えられた部分はあるだろう
1回戦もカット型との対戦で 伊藤はさらにやりやすかったか
その分 QFでタイミングを戻すのに苦労したかも

QF 伊藤美誠 0-4 WANG Manyu
(7-11 7-11 4-11 8-11)
中国のバック対バック戦術で
伊藤のミドル(orバック)へ球を集められ
バックハンドプッシュを多用するも不発
回りこんでのフォア強打やカットでの変化といろいろ試みるも
うまくいかないなあと思いつつ戦っている感じ

中国の徹底した戦術に対応策が見つからず
最も苦しんでいた時期

当時のblog記事
2019/07/07 韓国OP まとめ
2020-08-13 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 13 オーストラリアOP 2019/07/09-14

R32 伊藤美誠 4-0 SOO Wai Yam Minnie
(11-9 11-4 11-2 11-6)
SOOはDING Ningを倒したこともある香港の次世代エース
構え十分のラリーなら強いが
伊藤の早いピッチには手も足もでず 伊藤の完勝
SOOはもうすこし俊敏に動ければ世界TOP陣と渡り合えるのだが

R16 伊藤美誠 4-2 平野美宇
(5-11 11-5 9-11 11-8 11-7 11-9)
2019年の伊藤は平野との対戦が国内外5回あって全勝なので
この試合も点差ほど競った印象はない
伊藤はこの試合は広角に振る意識が強く その実践練習風で
第1Gはミスが多かったが徐々に決まりだして
伊藤のペースになった

QF 伊藤美誠 4-2 LI Jiayi
(9-11 11-9 16-14 9-11 11-8 11-5)
LIは中国第3集団ながら
早田ひな・塩見真希・芝田沙季に勝利してきた
LIのバックハンドに難ありと見たのか
LIのミドルに球を集めてから逆サイドに振る展開
LIはフォアの強打で勝負したかったろうが
伊藤が許さなかった

QF 伊藤美誠 4-2 LI Jiayi
相手の得意部分を封じる攻めが
ほかの日本女子もできるとよいのだが
逆に 中国女子に先手をとられてしまう
ラリーは差しこまれたら つづいていても
相手有利の展開にしかならない
中国対日本のラリーはその傾向が強い

SF 伊藤美誠 3-4 DING Ning
(3-11 11-8 4-11 11-8 11-9 7-11 8-11)
フォアの打ちミスが多かったのを徐々に修正して
第5Gは絶好調 みまパンチの連打が決まって
このまま押し切ると見えたが
元女王が底力を発揮した
DING Ning応援団が大盛り上がり

当時のblog記事
2019/07/16 オーストラリアOP まとめ
http://kittyoyaji.blog.fc2.com/blog-entry-1237.html
2020-08-09 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 12 T2 Diamond 2019/07/18-21

この興行が世界ランクのポイントを特権的に付与され
ITTFの日程にねじこまれる形だった上に
この第1回目は1度は公式発表された参加選手が削除され
突然中国女子の辞退がつづくという
不合理な胡散臭さがひどく
1シーズンで完全撤退したことはよかった

R16 伊藤美誠 3-4 加藤美優
(11-4 4-11 10-11 4-11 5-1 5-1 4-5)
2017年まで伊藤が6連勝中(1敗)で 2年ぶりの対戦
第3Gまで伊藤ペースだったのを逆転されて
気落ちした第4Gも落としたことが響いた
伊藤ペースの場面が多かったが 自身の打ちミスも多かった

T2の興行が試合時間の短縮を図って
選手たちを心理的に急かす雰囲気があるなかで
加藤のほうが落ち着いていた

当時のblog記事
2019/07/26 T2 Diamond まとめ

2020-08-05 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :

Playback みま 11 ブルガリアOP 2019/08/13-18

R32 伊藤美誠 4-1 SHIN Yubin
(11-9 11-9 0-11 11-4 11-8)
なんといっても ベンチのコーチが代わったかと色めき立ったら
松﨑太佑コーチが髪型を変えただけだった
SHINは木原美悠と同世代の韓国期待の星 初対戦
ダブルス巧者で 次大会で伊藤美誠/水谷隼ペアにも勝利する

R32 伊藤美誠 4-1 SHIN Yubin
SHINのサーブは見切った感があるが 伊藤のミスが多い
第3Gの0-11は2017年のZHU Yuling戦以来の屈辱か
夏場はやはり疲れが溜まるのだろう 調子はよくない
SHINは入れにいくショットが振り切れるようになったら怖いだろう

R16 伊藤美誠 4-0 FAN Siqi
(11-6 11-7 11-9 11-5)
FANは中国第3集団で 初対戦
サーブが多彩でトマホークやYGまで繰りだすも伊藤には効かず
逆に 伊藤の多彩なサーブに合わせられない
伊藤の変則チキータや逆チキータなどバック面の変化に翻弄された
1回戦よりは調子が戻った

QF 伊藤美誠 4-1 YU Mengyu
(11-5 11-8 6-11 11-6 11-8)
YUはシンガポールのベテラン
対戦は多いが 伊藤のサーブが苦手で
特にロングサーブはほぼとれない
この大会ここまで伊藤は後ろに引くことが多いので
大きなラリーになりやすく 伊藤本来の戦い方ではない

SF 伊藤美誠 3-4 CHEN Xingtong
(11-6 4-11 7-11 11-9 11-9 6-11 7-11)
CHENは中国TOP6に一番近い第2集団ともいえる
次のチェコOPとCHENに2連敗するが
伊藤はこの大会は後ろに引くことが多くて
本来の戦い方ではなかったのが
前めで踏ん張って頑張った

3G先取して勝機もあったが
第6Gに打球が目に当たる不運もあり 力尽きた
CHENの返球のほとんどが伊藤のミドルに来るのだから
中国のバック対バック戦術は徹底している

当時のblog記事
2019/09/01 ブルガリアOP・チェコOP まとめ

2020-07-31 07:00 : Playback みま : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR