FC2ブログ

東京五輪 ワクチン

1
2021/05/02 讀賣新聞 記事

選手のみの言及だが
その国のスタッフや関係者も当然接種するはずで
海外参加者の大半が接種済みでの来日になるだろう
安全面からは最も効果的な方法で
合理的な判断であるのは明白
2
ところが 日本では 五輪での感染が不安視され
また医療体制への負荷が批判される真っ只中だが
誰ひとりワクチンの優先接種は口にしない
絶対的な平等主義が合理的な判断を阻害して
最も簡便で最も効果的な手段を頑なに回避させている
3
五輪の感染対策の不備を追求する一方で
最も安全を期待できる方法を絶対阻止する奇妙な論理は
五輪の安全は名目に過ぎず
とにかく五輪中止にして現政権を退陣させる思惑なのだろう
政争の具にされている東京五輪がかわいそう


スポンサーサイト



2021-05-02 07:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 報道 3 コメンテーター

2021/04/21 スポーツ報知 記事
鳩山由紀夫や舛添要一という
為政者のときにその発言のいい加減さで退陣した元政治家が
政権批判する言論の自由は認めるが
その発言を好んで載せる幾つかのスポーツ紙の記者は
それで読者の鬱憤晴らしになると考えているのだろうか
むしろ 過去のいい加減さを不問に付すことで
自紙の信頼度を低下させていると気づかないか
政治家失格者の無責任な発言が公共の利益になるのか


2021/04/19 スポニチ 記事
カンニング竹山とかラサール石井とか
本業で食えない芸人やタレントが
辛口コメンテーターの空席を見つけただけで
彼らのなかでは通販のゲストと同じ営業というのが自分のイメージ
役割をこなしているだけで
真面目に反論するほうがバカとご本人もキレている

2021/04/19 東スポ 記事
デーブスペクター
ワクチンワクチンと煽るご本人が日本にしがみついている時点で
いかに日本が住みやすいか知れる
半数がワクチン接種した英国が
新規感染者数で日本と逆転したくらいで
日本が欧米よりも優れていることを知りながらコケにして
自虐日本人相手に金稼ぎ

2021/04/14 東スポ 記事

松尾貴史
そもそも 飲んだくれて女癖が悪いのが芸人の通り相場で
そういう部類の人間にコメントを求めるから
自身が文化人と勘違いする元芸人やタレントがゾロゾロでてくる
2021-04-21 18:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 番外編 立川志らく

2021/04/04 中日スポーツ 記事
1
まだ打ち切りをウダウダいっているらしい
メインなのに気の利いたコメントもいえず
たった1年で田村淳ほかのテコ入れリニューアルされても
浮上できなかった当然の結果だろうに
毒舌とは天邪鬼で世間の逆を行くから成立するのであって
世論の風に乗って笠に着るのは毒舌ではない

2
師匠の立川談志なら
「東京五輪?やりゃあいいじゃねえか
100m競争のゴールでバタバタ倒れたら
みんな先を争って自粛するぜ」くらいのことはいっただろう
「小学生も運動会がなくなったのだから五輪も」など
志らくみたいに無粋なことは口が腐ってもいわない

3
だいたい志らくは談志の弟子だからちやほやされてきただけで
林家こん平の弟子だったら
いまごろ米俵担いで「チャラーン」といっているところ
コメンテーターがやっとで 毒舌家にはほど遠い
志らくの落語は
聞いたことないからわからんけど
2021-04-05 12:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 報道 2

1
東京五輪の聖火リレーが始まって
連日うんざりするほど流れていた、
たいした根拠もない中止報道もすこしは減少したようだが
実は内心一番安堵しているのは
中止を迫っているマスコミだろう
中止が現実になればもう五輪ネタは使えないのだから

2
今後は世論の動向を見ながら批判報道を縮小しつつ
開催に備えての代表選手の話題へ移行
開催後は感動ネタの垂れ流しで
今年一杯は十分使える皮算用だろう
マスコミはコロナウイルスと同じで宿主に寄生するが
宿主が死んでしまうと一緒に死んでしまうから
本音は五輪中止を望んではいないはず

3
国も選手も関係者も何の得にもならないのに
(特に大手新聞社はスポンサーに名を連ねていて)
彼らも利益機会を失うマスコミがネガティブ報道をつづけてきたのは
権力の監視役というマスコミの立場や
自社の政治的立場 反権力や反自民に
うってつけだったということ

4
それよりも大きく
国民の最大8割が反対していた世論の波に
乗る気楽さがあったのだろう
批判記事が国民の鬱憤晴らしになって
視聴率や広告収入に貢献しているという
目に見える収益増があったのかは知らないが
そうして 膨大な量のいい加減な憶測記事を
掲載してきたマスコミは何を生み何を残したのか

5
収益面はわからないが
私見では 彼らは何も生まなかったが信頼度の低下は残した
マスコミが世論の風に乗ったということは
逆に コロナ禍でも過半数が賛成していれば
中止の論陣を張らずに
代表選手のプロフィールの紹介でもしていたろう

6
大坂なおみや池江璃花子が東京五輪を目指しても
マスコミが異論を挟めないのは
世論が両選手に好意的だからだ
マスコミは世論の風次第でどちらにも書き分けるのであって
彼らの中止論など後付けの根拠があるにすぎず
その主張に信念をもって書いたのではない

7
だから マスコミの中止論は
無名の素人がSNS上で容易に論駁できるレベルに終始した
これまでは一方通行の書きっ放しで済んできた記事が
SNS環境が整備された現代では絶えず素人の批判にさらされる
それに耐えうるだけの合理性をもった記事を掲載できるかどうか
残念ながら 現状ではめったにお目にかからない

8
実在するかも怪しい関係者や事情通氏に
実質記者(自社)の主張を語らせ
あるいは 外国メディアはじめ他社記事を引用して
自身の責任は問われない安全地帯で
自身の意図する結論へ誘導する、
マスコミの伝統芸の客観報道はもはや通用しない時代なのだ



2021-04-02 07:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 民意

政治臭がするので保留にしておいたが
マスコミ理解に重要なことなので

1
ミンイミンイと季節外れの蝉がやかましい
東京五輪に対して反対80%の民意を錦の御旗に
中止中止の大合唱のマスコミだが
ほかの話題では民意はどう扱われたのだろう

2
民意といえば最近では
安倍晋三前総理が長期政権を樹立できたのは
明らかに国民の高い支持があったからだ
この間のマスコミは安倍支持の民意にどう反応していたか
産経や讀賣は民意通り支持した一方で
朝日や毎日ほかは民意に反して安倍政権を批判していた

3
言論機関の、権力の監視役の役割はもちろん
自社の反権力・反自民の立場にも則ったわけだ
つまり マスコミの多くは
自身のポジションに合致するときには民意をもちだし
民意が敵側を支持しているときにはスルーするという
姑息な手法で自身の立場に民意を利用しているにすぎない

4
民意が確かに存在することは自分も認めるが
その民意が正しいかは別問題
民意は過半数の国民の意思であるから
支持した政策なりが成立するのは形式上は正当だが
民意が政策内容の正当性の根拠にならないのは当然だ

5
国民の多くが支持した安倍晋三政権は
日本がふたたび戦争ができる道を開いた、
戦後最悪の権力だったと自分は認識しているが
それは支持した民意も誤っていたのだ
民意が 国民の過半数の意思が正しいとは限らず
むしろ大きな問題では誤るほうが多いと自分は考えている

6
安倍政権支持のほかにも
消費税導入反対 古くは国鉄の民営化反対
当時国民が示した意思は誤りと自分は認識している
天邪鬼の自分は大抵は少数意見に属するが
多数側に常に正当性がある根拠は何もない
だから マスコミがいくら民意を振りかざしても
ポジショントークの方便でしかない
2021-04-01 07:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 報道 1

2021/03/03 中日スポーツ 記事
1
この種の記事はキリがないので
スルーしているが 見過ごせず。
1964年の東京五輪あとの夏季五輪は
現地観戦しないほとんどの日本人は
テレビ放送を通じて観戦してきた事実がある
2
また 欧州のサッカーなどはテレビの放映権料を得られれば
観客はいらないそうだが
テレビが莫大な放送権料を支払えるのは
テレビの向こうに膨大な視聴者がいるからだ
そういう目に見えないが確かに存在するスポーツ観戦者が
筆者の意識にはまるで影もなく 彼の想像も及ばない
3
筆者にとってはアスリートと同じ空間で同じ空気を吸う観戦者のみがファンであり
放送や配信を通して楽しみ感動する、圧倒的多数の観戦者は無価値らしい
ひとつアスリートに訊いてみるがよい
4
テレビの向こうにいるファンを感じたことはないかと
彼らは偽の感動をしているだけの無価値な存在かと
こういう偏狭なスポーツ観戦観の持ち主が
スポーツを愛すると自認してスポーツ記事を書くことは
スポーツ文化の冒涜とまではいわないが
スポーツ文化を貧しくしているのは確かだ

2021/02/23 日刊スポーツ 記事
1
とかく人はみずからの体験を美化するものだ
川淵三郎御大が有観客の五輪を強硬に主張するのは
自身が五輪の開会式で行進したときの強烈な感動体験が下地にある
2
この筆者の体験したシドニー五輪が
多くのスポーツ経験者たちが政財界を向こうに回して
主導した大会であったのかは知らないが
当時の若い?筆者が政治や経済の影を見ようとしなかっただけでは
3
1兆円を超える必要経費に関して 経済界から引きこみ
都や国の管轄部署と折衝する交渉事を
スポーツ出身者たちが陣頭指揮してまとめられたとは
元選手たちには失礼ながら想像できない
4
政財界人たちが切り盛りせざるを得ないほど
恐竜のように肥大してしまった姿が五輪の現実だろう
ロス五輪よりも前はまだましだったのかもしれないが。
とかく人はみずからの体験を ときには戦争すらも美化するものだ

追記
2021/03/04 日刊スポーツ 記事
見出しを変えて再掲載するほどの記事とは思えないが
2021-03-04 12:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 組織委員会 新会長

1
九分九厘決まっていた川淵三郎が辞退の仰天展開
いま最有力は橋本聖子五輪相とか
川淵→橋本の距離よりも 橋本→ 綾瀬はるかのほうが近い
もうひと息で到達できそう
2
現在有力視されている橋本聖子ほかは
官僚の作文の棒読みのような無味乾燥な発言をする人物ばかり
新会長は国民の気持ちを盛りあげる広報の役割が大きいのに
彼らの言葉は失言はなくとも心に響かない
やはり 聞く人の心を動かす言葉を語れる人が相応しい
綾瀬はるかに誰が勝てる?
3
女優に何ができると思うなかれ
彼女たちは自身の考えや気持ちを染めて役になり切る才能がある
台本さえあれば国民の気持ちを動かすこともできる職業人だ
誰が新会長に就任しても
あと数か月の実務は森喜朗無役がやるしかないのだから
情報発信に長けた女優が適任
理事の資格などどうにかなる
4
新会長が男性の場合
発言の一言一句(過去分も)を差別的でないか吟味され
会見では 森喜朗前会長が引っかかったような
挑発質問が連発される
この種の炎上目的の低劣な一部マスコミからの攻撃を
女性であれば完全シャットアウトできるのだから
新会長は女性一択 年齢は不問
5
男性会長では一部の低劣なマスコミの
炎上目的の攻撃を受けることに加えて
自分が川淵三郎御大を不安視したのは
森喜朗会長の組織委がIOCの譲歩を引きだして
最悪でも無観客の開催でなんとか同意を得る間に
御大は無観客の五輪は価値がないと新聞でもツイートでも
何回も異議を唱えてきたのだ
6
そういう考えの持ち主が会長に就任して
五輪は絶対有観客開催と混ぜっ返して
検証させても無観客の結論だった場合
中止中止と潰してしまうような
川淵三郎御大の直情径行の危険性を感じていた
森前会長は何が何でも開催だったが
御大は自身の思想絶対で五輪を放りだしかねない

2021-02-16 07:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

それでも東京五輪は開催される 追記

1
1月7日まで「それでも東京五輪は開催される」をtwitterにUPしているうちに
新規感染者数が連日最多を更新し
2回目の緊急事態宣言が発出されるという
最悪のタイミングとなった
今回は輪をかけて悲惨な状況で
東京五輪を推進する側が袋叩きされる雰囲気
2
当然 東京五輪の中止を論じる記事も
世間のコロナ禍不安に乗じて増殖した
そのなかの主に2つの論点を追加で簡単に考察する
その2点を論じる記者を含めてのライターたちは
世間のコロナ禍不安の強圧的な雰囲気に乗ることもなく
冷静な思考で考察する、五輪に精通してもいる良識ある書き手なのだろう
3
第1は五輪憲章にある理念の問題
五輪は異文化の選手たちが直接に交流することにこそ意義があり
隔離状態で試合をするだけの五輪は無意味だという主張
平時の五輪はその通りだが
東京五輪は非常時での開催がコンセンサスだ
(当初の、「新型コロナウイルスに打ち勝った証」からの後退は認める)
4
3密を極力回避することで各国が躍起になっている現状のなかでも
五輪憲章通りにしなければ許されないほど
その憲章は絶対的なドグマなのか
新型コロナウイルスに打ち勝った証まではいかないながら
人間の知力を尽くして対峙する五輪が無意味なのか
5
より一般的な観点では
SNS環境が世界的に発展した現代にあって
どの国の選手たちもTwitterやInstagramで
日常的に交流可能だ
20世紀までの、世界大会でしか選手同士が会えないという
環境とはもう異次元の世界であって
隔離された状態でも会話もグループでの会合も
十分に意思の疎通ができる
6
にもかかわらず
五輪会場や選手村での対面での交流のみが
殊更素晴らしい理念であるかのように論じるのは
スマホが必需品扱いの現代の選手や国民を
納得させられる合理性があるのかどうか
もはや懐古趣味の理想主義とすら自分には見える
7
また観点を変えると
その主張をする書き手たちは
五輪の簡素化に関してはその良識から支持すると推測する
一堂に会しての交流をする場合
1万人超の収容力の選手村や開閉会式のスタジアムなどの
巨大施設を前提としているのは明らかで
彼らはどう整合性をとるのだろう
8
つまり 
SNS環境の劇的な発達による選手間の交流の質的変化と
五輪の簡素化の視点とから
五輪憲章の素朴な、選手たちの直接的な対面の交流が
他の交流方法を排するほど絶対的な理念には見えない
だから コロナ禍対策を余儀なくされた非常時の東京五輪が
五輪憲章に反するとはまったく思わない
9
第2に主に練習環境の不公平の問題
先にワクチン問題
ワクチン接種が現状出場条件ではないし
五輪会場で 接種を受けた選手がガンガン練習をして
受けていない選手が隔離されるならばアンフェアなのは確かだが
それは接種した選手も同一環境に置けば済むことだ
組織委が隔離期間をとるかは微妙だが
10
五輪選手が優先的にワクチン接種を受けることは
自国民に対しての不公平の問題で選手間の問題とは異なる
選手間での接種の有無が決定的な不公平であるならば
世界中の全選手に行き渡るまで早くとも1年はかかる間の
世界大会はすべて中止か不当な大会と位置づけるのだろうか
11
より大きな論点として コロナ禍での通常の練習において
感染状況によって選手の練習量や質が極端に異なり公平ではなく、
練習できる選手だけが有利だから五輪とはいえないとの論理
コロナ禍による練習量などの不公平は確かに存在する
しかし それが五輪が成立しないほどの不当性なのかどうか
12
歴史的にも地理的にも
富める国と貧しい国 資金力のある選手とない選手
その練習環境からくる不公平は延々とつづいている
特にプロ選手の出場が認められて
練習の精度や量の格差はさらにに拡大した感がある
13
あるいは 用具にしても持つ選手と持たざる選手のアンフェア
レーザー水着や厚底シューズは使用の有無で明らかな不公平がある
しかし 使用は公式に認められたのであって
五輪の中止問題には発展しなかったし
試合結果に対する不当の抗議もなかったと記憶する
14
この人為的な経済格差からくる練習格差は正当性があって
天災である(対策の優劣は人為的ではあるが)コロナ禍だけを
不当と断定する、書き手の絶対的な根拠は何か
自分には理解できない
15
天災による練習格差が中止や不当性の絶対的基準であるなら
温暖化の地球にあって世界各地では毎年
台風や洪水や大地震が起こっているのであって
遭遇した選手が圧倒的に不利であるのは明白だが
そのために開催を中止するなら
五輪以外の世界大会も毎年中止になるだろう
16
その天災は限定的で1・2国に限られるから問題なく
コロナ禍は世界的な災害だからアンフェアとするなら
見過ごされる被害国に対する明らかな差別で
また アンフェアとなる天災被害の大きさの判断基準は何か
17
このコロナ禍では 日本を除く東アジア・東南アジア・
オセアニア・アフリカの一部が有利で
欧米諸国が不利の構図で 仮に東京五輪を中止する
次の感染症がアジアでパンデミックを起こした場合
その練習格差を理由にパリ五輪やロス五輪が中止になるとは思えない
18
つまり スポーツの世界大会は
天災による不公平を飲みこんだ形で開催されてきたのに
東京五輪だけ不当と見なすのはおかしい
選手の安全が保てるのかではなく 練習量の嵩を中止理由にするのは
今年関東や東海の降雪が多くて練習できなかったから
春の高校野球を中止せよというレベル
19
上記の2つの論点で東京五輪の中止や不当性を主張する書き手は
眼前のコロナ禍のみを見て
もう少し視野を広げれば見えたはずの事象は
恣意的に切り捨てたか単純に見落としたかは知らないが言及しないで
掲載紙(誌)のスタンスもあるだろうし
東京五輪の不当を書きたてるわけだ
20
彼らの主張に反して
東京五輪が不完全な形であれ開催されたときに
東京五輪のメダルの価値が
上記の不当性やアンフェアを理由に損なわれるとは
ここまで書いてきた反論を基に自分はまったく思わない
21
上記の2つの論点による五輪の中止や不当を唱える書き手は各々の良識から
コロナ禍の東京五輪は五輪に値しないという確信があるのだろうから
幾らでも声を大きくして主張すればよい
言葉は真実の言葉のみが残るという確信が自分にはあって
彼らの言葉に真実があるならば消え去ることはないだろう
22
追加
五輪の資金や人員をコロナ対策へ回せという声も
世間の雰囲気に乗ってさらに大きくなった
時系列的に 五輪の準備が着々と進行しているところに
コロナ禍が出現したのであって
五輪関連事業がコロナ対策を阻害しているわけではない
23
五輪資金は1兆円超の予算はすでに執行されていて
追加予算の税金分2000億円を転用して好転するのか
コロナ対策費は数十兆円も投入されているのに。
施設の転用も国立競技場ほかを何に使うのだろう
コロナ病棟へ転用可能な施設は都内に幾つもあり
小池都政が利用しないだけだ
24
貢献できそうな施設は選手村を軽症者の宿泊に使用するくらいだろう
人員もボランティアは彼らの意思を無視してコロナ担当にさせられない
出向の官僚たちを回すことは可能だろうが
管轄外の役人をコロナ禍でどれほど必要としているのか
五輪の医療スタッフはまだ拘束していない
25
上記の批判は
国政や都政の遅々として進まないコロナ対策への
苛立ちを東京五輪へ転嫁して
まだコロナ禍に関わりもない東京五輪が
回復を妨げているかのように
スケープゴートにしている
「コロナ禍なのにけしからん」一色の世の中では
何をいおうと焼け石に水だが
26
日本国内は8割が否定的な雰囲気だが
日本の数十倍の新規感染者数の欧米から見れば
東京五輪が中止の場合今後日本の数値よりも大きければ
毎回中止せざるを得ない悪しき前例ができるのだ
3年後のパリ五輪はすでに危険水域だし
次のロス五輪すら不透明だ
27
ワクチンが普及して一旦収束しても
効かない変異株が感染爆発すれば
新しいワクチンが行き渡るまで開催できない
つまり 東京五輪の開催は今後の五輪の命運を握っている
コロナ禍のなかで不充分な形であれ開催することに
将来的にも大きな意義がある
全面降伏しても何も生まれない



続きを読む

2021-02-06 07:10 : 東京五輪 : コメント : 0 :

それでも東京五輪は開催される

1
新型コロナの、第1波をはるかに凌ぐ第2波が
主に欧米で猛威を振るうにつれて
日本も第3波が狂暴化して
またぞろ東京五輪中止の声が大きくなった
世界も日本もコロナ禍が深刻化しているなかで
五輪は開催できないorすべきではないという
2
マスコミは下へいくほど出所の怪しい情報を基にした記事を掲載
他誌(紙)がその記事を引用して既成事実化され増幅される
IOCバッハ会長の来日前に盛んに中止説を拡散したが
ネタ元が不明なのだからそのまま消え去り
また「できないorすべきでない」論に戻った印象
3
私案では
外国選手は自国で陰性証明を受けて来日
再開された競技大会の多くが採用するバブル(隔離状態)で
定期のPCR検査 練習や試合以外は接触回避
陽性者は隔離して経過観察 最悪出場禁止
選手以外関係者も同様
数万人規模にはなるが
彼らから感染が広がる危険はほぼない
4
しかし 海外からの観戦者は管理できないという声が大きいが
海外の観戦者は禁止にすればよい
現状の日本は多くの国の訪日者に自主隔離期間を設けて
事実上観光客は受け入れていないのだから
緩和しなければ五輪観戦もできない
(変異種の出現でさらに厳格になった)
5
訪日観光客目当てだった都内ホテル群は
個室隔離する選手や関係者の不足する分へ
割り当てれば損害は軽減できる
つまり 五輪関連での感染拡大はほぼ抑えられる
実際には ここでは考慮外のワクチンや季節要因もあって
より緩和した形での開催を模索しているようだが
6
コロナ禍のいま五輪が開催できないと判断する人たちの大きな誤解は
五輪開催がコロナ禍を悪化させると考えていること
たとえば中止の発表があったとして
そのためにこの先感染者数が減るのだろうか
前記のPCR検査の負担がなくなるくらいで
中止がコロナ収束へ役立つわけではない
7
開催延期の追加経費を新型コロナへ回すという意見も多いが
IOCやスポンサーの拠出金を
誰の権限でコロナ対策に回せるのか
また 税金にしても兆円単位の対策費が幾つも計上されてきたのに
2000億円の追加経費の転用で何が変わるのだろう
8
緊急事態宣言が最も有効であるのは真実だが
それはコロナの被害よりも経済の損害のほうが桁違いに大きいから
第2波が猛威を振るう欧州各国ですら厳格なロックダウンを最終手段にして
経済活動を徐々に回復させることを重点に置いてきた
9
スポーツ界も同様であって
欧米も含めて スポーツ大会は再開される方向に動いていて
選手たちが2週間の隔離期間の不便に耐えながらも出場している
大会中止がつづけば 選手たちは賞金が稼げず
また 広告効果のなくなったスポンサー離れの収入減から
10
選手生活を断念することが避けられなくなるからだ
その競技団体も主催大会の中止で破産する惧れがある
選手も競技団体も大会を開催したい切実な欲求があるのであり
五輪が開催されれば 彼らは喜んで出場するだろう
(新型コロナが怖い選手は辞退する自由がある)
11
そういう選手や関係者に対して五輪中止を説くことは
1兆を超す経費は丸損です
選手は引退なり転職なりしてください
競技団体は破産になりますと宣告するようなもので
何も残らない
そんなコロナ禍に対する全面敗北宣言に
何の意味があるのだろう
12
困難な状況にあってもなんとか開催する
これまでの無警戒な平和の祭典とは異なる
不満足な大会しかできないかもしれないが
ともかくもコロナ禍に打ち勝つ努力をする
それが大人の振る舞いだろう
はなから何かを創りだす意思はなく
ただ引きこもるのは簡単だが
13
自分は他者の発言に干渉しないから
中止論者が何をいおうとどうでもよいが
自分が開催にこだわるのは
伊藤美誠はじめ日本選手がメダル獲得の可能性もあるのに
4年に1度のチャンスが失われるのは
短い選手人生においてあまりに過酷すぎるから
その機会を奪われないでほしいということ
14
人生がつづく限り4年に1回応援できる一般人が
いくら親身になっても
人生に1回あるかないかの大舞台をのがす選手に
寄り添えるとはとても思えない
スポーツ選手にとって 自粛して感染しないよりは
リスクをとっても五輪に出場したいのは
誰でも理解できる心情と自分は思うが
15
コロナ禍で自分が驚いたのは
自粛しても生活に困らない人が想像よりもはるかに多いこと
そういう人は安心できるまで自粛していればよいが
働かないと生きていけない人が世の中にはいるのだ
とりわけ スポーツ選手は 経済的にもそうだが
彼らの短い選手生命を自粛で確実に削られているのだ
16
現実に東京五輪が中止になるときは
1回目のような全国一律の厳格な緊急事態宣言が
再発令されるだろう
多くの店舗が休業 スポーツ大会も芸能イベントも中止
生活破綻者が大幅に増加する
そんな世界の再来を待望するのは個人の自由だが
スポーツ選手まで巻き込むなということ
17
選手諸君は
実質的に選手生活の断念を勧める中止論者の発言は無視して
練習に励む
スポーツ選手はスポーツが人生であって
コロナ禍であれ人生を停止する義務はさらさらない
今年は各競技の大会がさらに再開されるし
東京五輪も開催される



2021-01-07 07:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :

東京五輪 中止論

1/6
緊急事態宣言の解除が見えないなか
コロナ禍なのに追加経費のかさむ五輪は中止して
費用(国税かも不明だが)を国民救済に回せとの主張がつづく
中止すれば収益ゼロ
世界への終息アピールの場を失くしてコロナイメージのままの日本に
海外の観光客がいつ戻ってくると考えるのだろう

2/6
日本社会が動きだしても 経済はすぐには回復しない
企業の業績は最悪 今夏今冬のボーナスは大幅減額
非正規・パートはクビが危ないし 国民は消費できる金もない
内需が衰弱し切った状態で外貨も稼げないなら
安倍政権が吹き飛ぶのは自業自得だが
日本経済が完全に衰退する

3/6
コロナ禍が与えている日本経済へのダメージは
東日本大震災を遥かに超える
日本経済が瀕死に至ればスポーツ環境も息絶える
それは大金を稼ぐプロ選手よりは
アマチュア選手へより深刻な打撃を与え
競技継続を断念する選手やチームが続出するだろう
五輪中止がスポーツ界へ与えるプラスは何だろう

4/6
延期を機に五輪の商業主義の是正をもちだす五輪中止論者もいるようだが
五輪の是非論はいつの時代にもあったのだから
一般的な五輪論議は平時に戻ってからで遅くない
焦点を東京五輪に限定すれば
中止で浮いた数千億円でコロナ禍を止められるわけではない
国民へ支給する12兆円でも状況は改善しないのだから

5/6
どのみち 新型コロナが終息しなければ中止なのに
数か月早いだけの、世界への終息アピール機会の自主的な放棄が
日本にもたらすメリットは何かを五輪中止論者は語ってほしい
補正予算1兆7千億円の「Go To キャンペーン」よりも
追加経費数千億円の五輪開催は国民全体に寄与しないということか

6/6
東京五輪をコロナ禍のスケープゴートにしたところで
状況は何も改善しない
五輪中止の数千億円をもっと国民に役立たせよとの
漠然とした理由づけで 具体的な使途は現政権に委ねれば
「Go To キャンペーン」につけ足されて
スポーツ界とは無縁の業界団体に割り当てられるのがオチ

2020-05-01 12:00 : 東京五輪 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR