FC2ブログ

世界ランキング 4月 1位~5位

1 1 CHEN Meng 11850(13825)
WTTがまた後出しで
東京五輪シードはこのランク制度ではなく
2020年末のランクを適用と表明した
CHENのシード1位は揺るがないが
中東HUBでランク変動に一喜一憂した選手たちの
奮闘は何だったのだろう
XDの結果を見て変更したのは明らかで
ひどすぎる

2 2 伊藤美誠 10498(12081)
東京五輪は2020年末の旧ポイントが漸減しないランク制適用で
シード3位がほぼ確定
2位だったら準決勝SUN Yingshaで決まりだったが
五分五分の確率に
CHEN Mengとどちらが先でもたいして違わないが
LIU Shiwenなら勝てる確率が高いから準決勝で対戦したい

3 3 SUN Yingsha 9840(11480)
東京五輪のシングルスはシード2位でほぼ確定
順当ならば準決勝が伊藤美誠かCHENG I-Chingで
CHENGと対戦したいだろう
もっとも 
その前にシングルス代表に決定する必要がある
復活したLIU Shiwenと一騎打ちの様相だが

4 4 WANG Manyu 8733(10189)
5月にWTTの中国大会があれば
東京五輪代表もワンチャンスあったかもしれない
それにしても 中国はいつ代表を決定するのだろう
もう考慮する国内大会もないだろうに
民主主義国家ではないからプロセスがわからない

5 5 DING Ning 8070(9415)
LIU Shiwenもようやく回復してきて
DING Ningの東京五輪代表は万が一にもなくなったろう
今後は指導に重点を置いた選手生活か
海外リーグのプロ選手はハードルが高いか
指導者の主流から一旦外れてしまうと
錚々たる面子がいるから復帰できない惧れもある

スポンサーサイト



2021-04-30 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 女子 2021/04

2021/04/20付
当月 前月 選手 当月P(前月P)
1 1 CHEN Meng 11850(13825)
2 2 ITO Mima 10498(12081)
3 3 SUN Yingsha 9840(11480)
4 4 WANG Manyu 8733(10189)
5 5 DING Ning 8070(9415)
6 6 ZHU Yuling 7335(8558)
7 7 LIU Shiwen 7245(8453)
8 8 CHENG I-Ching7085( 8256)
9 10 FENG Tianwei 6772(7830)
10 9 ISHIKAWA Kasumi 6750(7860)
2021-04-24 07:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 3月 6位~10位

6 6 ZHU Yuling 8558(8558)
5月にあるらしい中国2大会は
ETTUの記事では五輪シードのポイント対象外とあったが
要請なのか確定なのか貧しい語学力ではよくわからず
隔離期間4週間ならば4月早々出発することになるが
何の情報もでてこない
五輪代表組は本番にも大きく影響するだろう

7 7 LIU Shiwen 8453(8453)
全中国運動会予選で1年ぶりの実戦
右肘にテーピングして
以前よりも後ろに引いてピッチが遅くなった印象
2019年よりは衰えたからだのキレを今後どこまで戻せるか
五輪出場は確定としてシングルス代表になれるかどうか
中国はいつ正式決定するのだろう

8 8 CHENG I-Ching 8256(8197)
実は 去年から大会がほぼないなかで
東京五輪シングルスの熾烈なシード4位争いが
静かに進行している
コンテンダーでまさかの初戦負け
スターはR16で早田ひなに敗戦と
まったく想定外の成績で59Pしか獲得できなかったが
石川佳純もつまずいて 命拾いした

9 9 石川佳純 7860(7770)
中東HUBは石川にとって痛恨の大会となった
コンテンダーR16敗戦の早田ひなは互角としても
スターR16敗戦のSAMARA Elizabetaは
石川本人も負けるとは思わなかったろう
全日本よりも調子はよくなかったようだが
どちらも石川と同じ左利きだったのは今後の検討課題か

10 12 FENG Tianwei 7830(8464)
コンテンダーでまさかの初戦負けも
スター準優勝でトータル424P獲得
石川佳純やCHENG I-Chingが
スターもいまひとつだったのと対照的に
2大会目に合わせて切り替えてきたのはさすがだった
調整がうまくいったときのFENGはまだまだ強い
2021-04-03 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 3月 1位~5位

1 1 CHEN Meng 13825(13825)
中東HUBをキャンセルした中国勢はそのまま
2020年12月時の旧ポイントが漸減中で
40%まで減少する東京五輪時には
実は2大会連続優勝した伊藤美誠と600P差程度になる
五輪まで大会がない前提だだから
中国HUBがあれば当然変わるが

2 3 伊藤美誠 12081(11081)
中東HUBで2大会優勝して1000P獲得した伊藤は
東京五輪の成績次第で世界ランク1位を奪取できる位置に来た
旧ポイントが漸減していることが原因だが
五輪シード4位以内はほぼ確定で
5月に予定という中国HUBは不出場でも変わらないだろう
長すぎる隔離期間はデメリットが大きい

WTTのグランドスマッシュとチャンピオンは
資格選手が不参加の場合はその都度
ランク対象8試合の1試合が1年間0ポイントになる
規定があるらしいが
コロナ禍のいまは適用されないようだ
罰則による恐怖政治が崩壊することは世界史が証明している
ITTFがWTTをつづけるメリットがわからない

3 2 SUN Yingsha 11480(11480)
5月の中国HUBはすでに日本選手に告知されているようだが
#ITTF も日本卓球協会も日程を発表していない
#WTT の致命的欠陥のひとつはスケジュール確定が
とにかく遅すぎる
そのために大会がやっつけ仕事で
素人の市民大会でもまだましというレベル

4 4 WANG Manyu 10189(10189)
5月の中国HUBは上位カテゴリーの
チャンピオン2大会が予定されているようだが
同大会はランク30位まで出場でき 国枠4選手
しかし 主催国は国枠制限がないので
中国女子10選手が出場可能
それが2大会という滅茶苦茶な運営
こんな国際大会が他競技に存在するのか

5 5 DING Ning 9415(9415)
5月にあるらしい中国HUBは
入国後4週間の隔離期間といわれている
期間中は当然練習が制約されるはずで
4週間ものブランクができたら
一流選手でもまともなパフォーマンスはできない
一方の中国選手は地元で通常練習ができるのでは
とても公式大会とは認められない

2021-03-26 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 女子 2021/03

2020年の旧ポイントが7週目毎に漸減+WTTポイント
2021/03/016付
当月 前月 選手 当月P(前月P)
1 1 CHEN Meng 13825(13825)
2 3 ITO Mima 12081(11081)
3 2 SUN Yingsha 11480(11480)
4 4 WANG Manyu 10189(10189)
5 5 DING Ning 9415(9415)
6 6 ZHU Yuling 8558(8558)
7 7 LIU Shiwen 8453(8453)
8 8 CHENG I-Ching 8256(8197)
9 9 ISHIKAWA Kasumi 7860(7770)
10 12 FENG Tianwei 7830(8464)
2021-03-16 17:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 2月 1位~5位

1 1 CHEN Meng 13825(15800)
3月の中東HUBは2大会とも不参加
ポイント的には出場する必要はないが
LIU Shiwenが優先された感じ
CHENは器用ではないから
実戦で試合勘を養っておきたいところ
海外選手のトップ陣との対戦が長く空白になるのは
さすがに不安だろう

2 2 SUN Yingsha 11480(13120)
3月の中東HUBは2大会とも第1シード
よたよた勝ちの多いCHEN Mengよりも
いまや中国首脳の信頼がある印象
順当ならば伊藤美誠との決勝戦があるはず
SUNを前後に揺さぶれれば勝機はあるだろう

3 3 伊藤美誠 11081(12664)
3月の中東HUBは2大会とも第2シード
全日本選手権の逆転負けから最初の大会
反省点を踏まえて練習してきた成果を試すよい機会
各国の五輪代表選手が終結するので
しっかり勝ち進んで
LIU Shiwen・SUN Yingshaとはぜひ対戦したい

4 4 WANG Manyu 10189(11644)
3月の中東HUBは不参加
中国首脳の意向だから仕方ないが
WANGは出場してアピールしたかった
1年ぶりの実戦復帰のLIU Shiwenが
どの程度復調しているかで
WANGの人生も変わるといってよい
と書いておいたら
中国勢のカタール不参加情報
あの国は…

5 5 DING Ning 9415(10760)
3月の中東HUBは中国自体が不参加に
東京五輪代表を延ばし延ばしの中国も
さすがに5月の中国HUBで決定するか
代表落ちが確定したらそのまま引退だろうか
実力はまだトップクラスだから
各国のプロチームが勧誘するだろう
Tリーグはどうか
2021-02-26 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 女子 2021/02

2020年の旧ポイントが7週目毎に漸減していく
2021/02/016付
当月 前月 選手 当月P(前月P)
1 1 CHEN Meng 13825(15800)
2 2 SUN Yingsha 11480(13120)
3 3 ITO Mima 11081(12664)
4 4 WANG Manyu 10189(11644)
5 5 DING Ning 9415(10760)
6 6 ZHU Yuling 8558(9780)
7 7 LIU Shiwen 8453(9660)
8 8 CHENG I-Ching 8197(9368)
9 9 ISHIKAWA Kasumi 7770(8880)
10 10 WANG Yidi 7725(8828)
2021-02-18 07:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 1月 1位~5位

1 1 CHEN Meng 15800(19750)
記憶では 12月に団体戦で行われた中国超級リーグで
仮想 #伊藤美誠 のSUN Mingyangに敗北
その前の大会でも仮想伊藤のHE Zhuojiaに負けた
CHENは異質に弱いというよりも回転の見極めに弱点がある
攻めあぐねている伊藤にはここに攻略の糸口があるだろう

2 2 SUN Yingsha 13120(16400)
記憶では 12月に行われた中国超級リーグでも
好調というよりは普段通りで強い
そのSUNもCHEN Mengには分が悪いのは
お互いが手の内を知り尽くしているとしても
やはり先輩後輩の精神的部分もあるのだろうか

3 3 伊藤美誠 12664(15830)
3月のカタールでは1年ぶりに水谷隼との混合ペアも復活して
久しぶりの五輪モード
LIU Shiwenとの対戦も楽しみだ
全日本では大逆転負けを喫したが
そうは引きずらないだろう
リオ五輪では逆転負けした翌々日に勝利していたのだから
と書いたのも 元気で無用に

4 4 WANG Manyu 11644(14555)
記憶では 12月に行われた中国超級リーグでも好調だった
3月の中東HUBにLIU Shiwenが1年ぶりに出場するのは
WANGの五輪代表への道に大きな影響がある
現状WANGとLIUとのサバイバルレースの様相
中国HUBが開催されるのかでも大きく変わってくる

5 5 DING Ning 10760(13450)
記憶では 12月に行われた中国超級リーグでは
チーム監督として出場して試合はしなかった
東京五輪が去年開催されていれば
引退の花道になったはずだが
LIU Shiwenがやはり無理ならば
経験者として団体戦に起用される可能性がまだあるのか
2021-01-29 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランキング 女子 2021/01

世界ランキングはWTTの配点に変更され
従来のポイントは暫時減少していく
また 毎週更新に変わった
2021/01/05
当月 前月 選手 当月P(前月P)
1 1 CHEN Meng 15800(19750)
2 2 SUN Yingsha 13120(16400)
3 3 ITO Mima 12664(15830)
4 4 WANG Manyu 11644(14555)
5 5 DING Ning 10760(13450)
6 6 ZHU Yuling 9780(12225)
7 7 LIU Shiwen 9660(12075)
8 8 CHENG I-Ching 9368(11710)
9 9 ISHIKAWA Kasumi 8880(11100)
10 10 WANG Yidi 8828(11035)
2021-01-25 07:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :

世界ランク 12月 6位~10位

6 7 ZHU Yuling 12225(13240)
出場権のあったW杯の辞退でポイント減
中国の国内大会では調整不足感はあったが
非中国選手には負けないレベルではあったから
ポイントは稼げたはずで 悔しい処置だった
本人よりは中国首脳の意向だろうが

7 4 LIU Shiwen 12075(13725)
ようやく復帰するはずだったWTT Macao
練習場まではやってきたが直前のキャンセル
まだ試合にでられる状態には遠かったのだろう
欠場のためにランクは急落してしまった
次の大会は来年2月の世界選手権団体戦
ここに間に合わないと いよいよ黄色信号

8 8 CHENG I-Ching 11710(11455)
W杯・ITTF Finalsと出場して微増も
石川佳純との差を広げられたのは大きい
非中国では伊藤美誠と双璧といえる位置になってきた
来年2月の世界選手権団体戦は
前回ポイントを荒稼ぎしている分
もちこたえられるかどうか
その前に Tリーグのシーズン3に参戦するか

9 9 ISHIKAWA Kasumi 11100(11100)
W杯・ITTF FinalsでSUH Hyowonに1勝1敗は
石川には不本意な結果だったろう
五輪シードを争う、同順位だったFENG Tianweiは落ちたが
CHENG I-Chingとはすこし差が開いた
12月はTリーグに出場中
どの大会もコンディションを合わせてくるのはさすが

10 12 WANG Yidi 11035(10435)
ITTF Finalsでは伊藤美誠に敗北も
順位を上げてTOP10入りした
ここから上は錚々たる顔ぶれの中国選手たちで
勝ちあがるのは並大抵ではないし
下位も同レベルの中国選手が並んでいるから
維持するのも大変
2020-12-11 12:00 : 世界ランキング : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR