FC2ブログ

全日本ランク 5月 1位~5位

1 1 伊藤美誠 2 2 10498(10498)
5月の中国大会が消滅した代わりに
アジア選手権代表選考会に出場する選択肢ができたが
当たった選手を落選させてまで実戦練習する気はないだろう
普通はエキシビションとはいえ壮行試合が行われるものだが
いまのところその気配はない

2 2 石川佳純 10 10 6750(6750)
WTTが五輪シードのランキング制を突然変更させた
FEN Tianweiと再逆転も CHENG I-Chingが上位のままで
シード5位がほば確定
カタール前に変更されて
WTTポイントが割り増しされる計算法が選手に周知していれば
石川の戦いぶりも変わっていたかも

3 3 平野美宇12 12 6507(6507)
去年からずっと感じているのだが
2019年後半と比較して上半身の筋肉が落ちてやせた印象がある
試合ぶりも中国に打ち勝つパワー優先から
ハリケーン平野以前のバランス重視に戻ったと見ている
速攻かパワーかへ特化すべきと思うが
専属コーチに復帰したらしい張成と新しい方向性をどうするか

4 4 佐藤瞳 18 18 5352(5352)
JTTLビッグトーナメントは 石川佳純の棄権もあり
NT選手としての負けられない重圧があったなかでの優勝
国内主戦の対戦相手とは実力差がかなりあった
フォアのドライブ攻撃がよく決まった
やはり世界TOP陣は一段レベルが高い
その佐藤の天敵の伊藤美誠や早田ひなは突然変異種か

5 5 加藤美優 23 23 4665(4665)
加藤もほかの海外遠征組もどうにも試合の機会に恵まれない
WTTが経費ばかりかかるモデルにしてしまったから
引き受け手がでてこない
6月のアジア選手権代表選考会という
直近の目標ができたのはよかった
五輪組は不参加だろうから 優勝が目標
スポンサーサイト



2021-05-06 07:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランキング 女子 2021/05

2021/05/03付
当月 前月 選手 世界当月 前月 当月P(前月P)
1 1 伊藤美誠 2 2 10498(10498)
2 2 石川佳純 10 10 6750(6750)
3 3 平野美宇12 12 6507(6507)
4 4 佐藤瞳 18 18 5352(5352)
5 5 加藤美優 23 23 4665(4665)
6 6 早田ひな 25 25 4522(4522)
7 7 橋本帆乃香36 36 3708(3708)
8 8 芝田沙季 37 37 3690(3690)
9 9 木原美悠 49 49 3463(3463)
10 10長﨑美柚 56 56 3006(3006)

11 11 森さくら 65 65 2697(2697)
12 12 安藤みなみ83 83 2198(2198)
13 13 小塩遥菜 89 88 2121(2475)
14 14 塩見真希 92 92 2079(2079)
15 15 大藤沙月 96 96 2055(2055)
2021-05-04 23:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 4月 11位~15位

11 11 森さくら 65 65 2697(3147)
先週誕生日を迎えた森だが
長﨑美柚という超強力新人の入社で
Tリーグのシーズン4は
レッドエルフ内の生存競争が激しさを増すだろう
国内選考会重視になって
爆発力のある森には有利ともいえる
波に乗れれば大物食いもあるだろう

12 12 安藤みなみ 83 82 2198(2565)
Tリーグは来季から1チーム増で
ますます全体の選手数が不足するだろう
正確には 各チームとも保有選手数が
運営規模よりも多すぎる
8選手程度が適正のはずで改善していかないと
チームは健全な経営に向かわない
6月のアジア選手権の選考会が当面の目標か

13 13 小塩遥菜 89 88 2121(2475)
練習はやはりエリアカ主体で
母親がコーチで在籍しているマレッツでは
あまりやらないのだろうか
4月に妹の悠菜もエリアカに入校して姉妹が揃って
どういう成長曲線を描くだろう
母親が姉妹の専属コーチになるのが一番わかりやすいが

14 14 塩見真希 92 90 2079(2426)
百万石オープン大会に出場して
シングルス優勝
勝ち残ったのは四天王寺ばかりだったが
協会が国内選考重視を表明したから
ミキハウスも日本女子との対戦を増やす必要があるだろう
チーム全体なら日本リーグで 単独ならTリーグだが
ミキハウスが支援理念とどう折り合いをつけるか

15 15 大藤沙月 96 103 2055(2299)
全国高校選抜大会で四天王寺高が6連覇も
大藤本人の調子はいまひとつで
追い詰められた場面もあったようだ
WTTのユースシリーズも日程を埋めただけの
ローカル大会のようなもので 近隣国はともかく
海外遠征してまで出場するレベルではなさそうだ

2021-04-23 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 4月 6位~10位

6 6 早田ひな 25 29 4522(4827)
1年ぶりの国際大会で385ポイントを獲得
木原美悠とのみゆうひなペアも上々のデビューでよかった
疲労度がどの程度であったかは気になる
Tリーグに女子新チーム誕生の報道
北九州福岡が本拠地とあれば
早田が移籍する段取りに見えるが
さてどうなる

7 7 橋本帆乃香36 36 3708(4326)
元凶はWTTだが
国際大会は開催不能で 東京五輪後の開催もできるかどうか
佐藤瞳がビッグトーナメントに出場予定で
ミキハウスの日本リーグ加盟はあるのか
というのも 協会がパリ五輪選考の国内重視を掲げたので
ミキハウスも国内選手対策をする必要がでてきた

8 8 芝田沙季 37 37 3690(4305)
仮にミキハウスの日本リーグ参加は
Tリーグよりは日程の余裕があるので
国際大会が再開されても組みやすい
また ミキハウスに感じられる練習相手のバラエティの乏しさが
色々な日本女子と対戦することで
かなり改善されるメリットがあるだろう

9 9 木原美悠 49 49 3463(3871)
長﨑美柚がエリアカ卒業とともに
アビエルからも移籍したのでさみしいだろう
ダブルスも早田ひなとのペアがより現実味を増した
それだけシニアの日本代表に近づいたということだから
求められるレベルも一段階上がるだろう
その期待に応えられるか

10 10 長﨑美柚 56 56 3006(3507)
4月に入社した日本生命から
早田ひながTリーグの新チームへ移籍するならば
長﨑が左利きエースの座を引き継ぎ
平野美宇と2TOPを形成するのだろう
パリ五輪にはあと3年だから時間の余裕はなく
ひたすら頑張らないと

2021-04-16 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 4月 1位~5位

1 1 伊藤美誠 2 3 10498(11081)
去年の旧ポイントが60%まで漸減した
五輪シードに適用されるときには40%にまで減少しているので
五輪の成績次第で世界ランク1位もありえる
その前にWTTの大会が開催されるのか
もはや あるある詐欺レベルで話にならない
見通しの立たない選手がかわいそう

2 2 石川佳純 10 9 6750(7770)
WTT大会が未定のままで
一番気を揉んでいるのが石川だろう
3月の中東HUBはCHENG I-Chingと
入れ替わる絶好のチャンスだったが
数十ポイント縮めただけだった
逆に FENG Tianweiの追い上げを食らってしまった
東京五輪前に再逆転できるチャンスがあれば

3 3 平野美宇 12 11 6507(7487)
張 成コーチに戻ったようでスタッフが定まらない
五輪のシードはシングルス不出場で無関係だから
ランクに神経質になる必要はないが
五輪後はまたランク争いが再開される
上位大会でも勝ち上がらないと
獲得ポイントが低い新制度のなかで
どこまで頑張れるか

4 4 佐藤瞳 18 17 5352(6244)
ミキハウス勢が公式大会に出場できる見通しが全然立たない
とにかくWTTの運営がひどすぎて
一般常識からもかけ離れている
国際大会が混乱するなかで
佐藤が日本リーグのビッグトーナメントにシードされた
ミキハウスが加盟する可能性はあるのか

5 5 加藤美優 23 23 4665(5443)
You Tubeではダイエットにもかなり励んでいるとのこと
加藤以下の選手は国枠制限にかかる大会もありで
出場できるのかが不透明でかわいそう
ITTFの首脳部が刷新されてWTTと決別
東京五輪後にワールドツアーが正常化することを願うしかない

2021-04-11 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランキング 女子 2021/04

去年の旧ポイントが60%に漸減
2021/04/06付
当月 前月 選手 世界当月 前月 当月P(前月P)
1 1 伊藤美誠 2 3 10498(11081)
2 2 石川佳純 10 9 6750(7770)
3 3 平野美宇12 11 6507(7487)
4 4 佐藤瞳 18 17 5352(6244)
5 5 加藤美優 23 23 4665(5443)
6 6 早田ひな 25 29 4522(4827)
7 7 橋本帆乃香36 36 3708(4326)
8 8 芝田沙季 37 37 3690(4305)
9 9 木原美悠 49 49 3463(3871)
10 10長﨑美柚 56 56 3006(3507)

11 11 森さくら 65 65 2697(3147)
12 12 安藤みなみ83 82 2198(2565)
13 13 小塩遥菜 89 88 2121(2475)
14 14 塩見真希 92 90 2079(2426)
15 15 大藤沙月 96 103 2055(2299)
2021-04-06 17:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 3月 11位~15位

11 11 森さくら 65 65 3147(3596)
Tリーグのファイナルは石川佳純に敗北も
チームは3連覇を果たした
長﨑美柚が加入してライバルがまた増える
外国選手が来られない前提だろうが
レッドエルフが有力選手を抱えるばかりで
全体の戦力均衡を運営側もチーム側も
誰もいいださない

12 12 安藤みなみ82 82 2565(2931)
Tリーグ4連勝のあとの3連敗
リーグ戦の難しさを感じる
出場しはじめたときの緊張感を
保ちつづけられるものではないし
肉体的にも疲労が徐々に重なってくる
日本選手は良くも悪くも真面目だから
精神的にも肉体的にも追い詰められてしまう

13 13 小塩遥菜 88 88 2475(2828)
Tリーグには2月に2戦も
不本意ながら今季は8連敗で終了
木原美悠の1学年下で 今春高校入学か
コロナ禍でジュニアも中止のうちに
WTTがユースシリーズをぶち上げた
日程はコロナ禍なのにびっしり埋まっているが
本当に実施されるかのか怪しい

14 14 塩見真希 90 90 2426(2772)
もう丸1年国際大会から遠ざかっている
5月にあるらしい中国HUBもエントリーが不透明
国際大会が不透明なままだと活動ができない
Tリーグが来季からチーム増なら需要があるのは確かだが
世界で活躍することと国内リーグと
気持ちの割り切りができるかもある

15 15 大藤沙月103 103 2299(2627)
コンテンダーは予選落ちも スターはR16
対ドライブ型選手への
小柄な大藤の優位点が見当たらず
バックハンドが伸びあがる形になって
体重が乗らない面もある
ZHANG Lily戦では打球点が早く
この試合が裏裏の前陣速攻へのヒントになるのでは
2021-03-19 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 3月 6位~10位

6 6 早田ひな 29 29 4827(5516)
ただいまカタールに遠征中
コンテンダーではシングルス準優勝
いまの戦い方なら2週連続決勝戦でも驚きはない
シングルス・ダブルスのフル回転で
体力面での心配はある

7 7 橋本帆乃香36 36 4326(4944)
Tリーグの今秋チーム増でミキハウス参加予想の声もある
同社は卓球以外にも主にマイナースポーツの
活動資金が不十分な選手を数多く支援していて
スポーツのビジネス化を推進しているわけではない
プロチームの所有は理念とはかけ離れているだろう

8 8 芝田沙季 37 37 4305(4920)
ミキハウスの卓球選手は1選手当たり
年俸を含めて1千万円以上の経費をかけているはずで
経費増になるプロチームの所有が
所属選手の実力向上に役立つのかどうか
所属の他競技選手とのバランスもある
Tリーグ参入を待望するファンは多いとしても

9 9 木原美悠 49 49 3871(4424)
ただいまカタールに遠征中
コンテンダーではWS・WDともSFまで
好調なのだがTリーグほど簡単には勝たせてもらえない
木原のダブルスはすこし淡白な感じ
次期五輪代表ペアに試されているともっと自覚すべき
チャンスの神様には前髪しかないそうだから

10 10 長﨑美柚 56 56 3507(4008)
エリアカを卒業して 仰天の日本生命所属
Tリーグがチーム増ならば現実問題として
アビエルとレッドエルフから選手が新チームへ移籍して
各チームの戦力を均衡させる必要があるだろう
長﨑は新チームのエースになれる逸材
2021-03-13 07:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランク 3月 1位~5位

1 1 伊藤美誠 3 3 11081(12664)
先週カタール入りして
今日03/03から本選に臨む
中国勢が直前キャンセルしたためにWSはシード1位
石川佳純のようにやや引いて
伊藤の速攻を封じてくる選手への対応が目下の課題
どう克服するかに注目
水谷隼とのXDもある 1年ぶりか

2 2 石川佳純 9 9 7770(8880)
Tリーグのファイナルに出場して1勝も
チームは優勝をのがした
リーグ発足以来3年連続で手が届かなかったのは
チーム力よりも巡り合わせか
当日の夜に日本を出発する慌ただしさで
隔離2日間を経て ただいま本選中

3 3 平野美宇11 11 7487(8556)
Tリーグのファイナルではダブルスとシングルスで
2勝を上げて優勝に貢献も MVPはのがした
腰痛も癒えて試合勘も戻ったらしく
平野本人も満足した状態で
1年ぶりの国際大会に参戦中
劉楽新コーチとはじめての国際試合
R16のベンチは馬場監督だったが

4 4 佐藤瞳 17 17 6244(7136)
いま開催中の中東HUBには
後輩の大藤沙月は出場も
佐藤は残念ながら不出場
5月にあるらしい中国HUBには
協会派遣であれ自主参加であれ出場できるはず
エントリールールが不透明すぎるWTTは
選手全体のためにも早く撤退すべき

5 5 加藤美優 23 23 5443(6220)
Tリーグの後半銭だけで13勝を上げて後期MVPを受賞
さらにシーズン17勝で最多勝のタイトルも獲得した
右手首の故障があるなかでの戦いだったので
喜びもひとしおだろう
シーズン3が終了して国際大会に出場したいが
早くても5月のようだ
2021-03-07 12:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :

全日本ランキング 女子 2021/03

7週目毎に去年のポイントが漸減していく
2021/03/02付
当月 前月 選手 世界当月 前月 当月P(前月P)
1 1 伊藤美誠 3 3 11081(12664)
2 2 石川佳純 9 9 7770(8880)
3 3 平野美宇11 11 7487(8556)
4 4 佐藤瞳 17 17 6244(7136)
5 5 加藤美優 23 23 5443(6220)
6 6 早田ひな 29 29 4827(5516)
7 7 橋本帆乃香36 36 4326(4944)
8 8 芝田沙季 37 37 4305(4920)
9 9 木原美悠 49 49 3871(4424)
10 10長﨑美柚 56 56 3507(4008)

11 11 森さくら 65 65 3147(3596)
12 12 安藤みなみ82 82 2565(2931)
13 13 小塩遥菜 88 88 2475(2828)
14 14 塩見真希 90 90 2426(2772)
15 15 大藤沙月103 103 2299(2627)
2021-03-02 19:00 : 全日本ランキング : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

kittyoyaji

Author:kittyoyaji
一般にその競技が好きな人は男子を見て
レベルの劣る女子はついでだそうな
一方で 女子メインの少数派もひっそり存在するらしい
自分はそのひっそり派で しかも
まったくの素人です

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR